映画評775 ~ 64~ロクヨン~ 後編

今回は「64~ロクヨン~後編」

映画160611

「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を基に、『感染列島』などの瀬々敬久監督と『ザ・マジックアワー』などの佐藤浩市主演で映画化した犯罪ドラマの後編。昭和時代の最後の1週間にあたる昭和64年に起きた未解決誘拐事件と、新たに発生した類似の事件の謎に迫る。県警の広報官を演じる佐藤のほか、綾野剛、榮倉奈々、永瀬正敏、三浦友和ら豪華キャストが集結。事件の行く末はもちろん、警察と記者クラブとの摩擦や警察内の対立、主人公の娘の行方など怒とうの展開に目がくぎ付け

主演は、佐藤浩市
共演は、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、椎名桔平
その他、吉岡秀隆、篠田正孝、坂口健太郎、鶴田真由、赤井英和、菅田峻、柄本佑、小沢征悦、瑛太、永瀬正敏、奥田瑛二、三浦友和など


<ストーリー>
昭和最後の年、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、被害者が死亡し未解決のままという県警最大の汚点となっている。その事件から14年が過ぎ、時効が近づいていた平成14年、「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する。そして三上の一人娘の行方は・・・


前編がなかなか面白かったので、後編は当然のように期待していた。

ただただ「ソロモンの偽証」みたいにならなければいい、と願って・・・

結果から言うと、まずまずというところだろうか。

第二の誘拐事件(模倣犯?)は、予想通りの犯人だったけど、あんな犯行はないと思うぞ。

すぐにバレそうだし、そもそも仕掛ける側にリスクが大きすぎる。

そして、結果的に第三の誘拐事件(?)が発生するのだけど、こちらの方は、話の展開・流れからしても良かったと思う。

それにしても、14年前の誘拐事件の犯人をあんな方法で探し当てるなんて・・・

ちょっと違和感はあるけど、これまた話の筋としてはいいのかな、という気はする。

まあ、犯人があの人だったとは思わなかったけど、彼もなかなかいい演技をしていたと思う。

特に表情の変化は、親父さんを彷彿とさせる(?)ような、いい演技だったと思う。

吉岡秀隆とはエラい違いだ。

あと、捜査二課長を演じた柄本佑は、下手すぎると言うか、あんなおどおどしたヤツが、捜査課長なんか勤まるか?

あまりにも違和感ありすぎて、見ていてイライラした。

警察内部の対立や記者クラブとの確執とか話が知り組んでいるので、肝心の64年の誘拐事件が脇に逸れたみたいな雰囲気もあり、ちょっと不満は残るけど、前後編を通じてみたら、まずまず面白かった、というところでしょうか。

佐藤浩市さん、敢闘賞です。

ということで、評価は「B」にしておきます。

少なくとも「映画史に残る傑作の誕生」とは言えないと思います。


おまけで・・・

最後のシーンで、突如三上家の電話がなり、電話機に「公衆電話」の文字が・・・

これって、「もしかして家出した娘?」と思わせる細工か?

余計なシーンだと思うけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
245位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR