映画評798 ~ インフェルノ

今回は「インフェルノ」

映画161029

人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。主演のトム・ハンクス、監督のロン・ハワードが続投し、これまで数々の歴史や名画の謎を解明してきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、詩人ダンテの「神曲」の「地獄篇」に絡んだ世界を揺るがす陰謀に挑む。ラングドンと共に謎を追う医師を『博士と彼女のセオリー』などのフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、『ジュラシック・ワールド』のオマール・シーとイルファン・カーンらが共演

主演は、トム・ハンクス
共演は、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセンなど


<ストーリー>
記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は何者かに命を狙われるも、医師のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)の手引きで事なきを得る。やがて二人は、人口増加を危惧する生化学者バートランド・ゾブリスト(ベン・フォスター)が人類の半数を滅ぼすウイルス拡散をたくらんでいることを知る。彼らは邪悪な陰謀を阻止すべく、ゾブリストがダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」に隠した謎の解明に挑むが


トム・ハンクス演じるラングドン教授が謎に挑むシリーズの第三弾である。

そして、今回のヒロインは、今話題の新作「ローグ・ワン」の主人公であるフェリシティ・ジョーンズだ。

第一弾「ダ・ヴィンチ・コード」は、結末に呆れたが、展開としてはまずまず、第二弾「天使と悪魔」は、とにかく何がなんだかよくわからない話だった。

しかし、世間の評判は「天使と悪魔」が一番いい。

そして今作は・・・

原作とはまったく違う展開・結末だそうで、それを知っている人には不評だし、それを知らない人にも、あまり評判はよくない。

まず、全体的にハラハラ・ドキドキ感があまりない。

それと、謎解きの部分も、割りとあっさりと解かれてしまうので、これまた「なるほど!」感がほとんどない。

そして、終盤のドンデン返し。

私自身「はあ?」と思ったくらいだから、唐突感があったのは否めない。

確かに、話をつなげて見れば「ふ~ん」と思えないこともないのだけど、それで思い返してみると、何だか出来過ぎな感じが。

しかも、「じゃあ、あのニセ女警官って、いったい何だったの?」という疑問が湧いてくる。

「あんたら仲間じゃなかったの?」というわけだ。

それに、最後のバトル(?)シーンは、あれだけ警察官がいるにもかかわらず、犯人たちを見つけるのは、謎の「便利屋」集団のボスだし、それに続くのが主人公だ。

広い地下空間のごく一部に警察などが集結していて、犯人たちがいる奥の方には、ほとんど誰もいない。

だったら、なぜ「便利屋」集団のボスや主人公だけが、そこにたどり着いたのか、というのがまったく説明がつかない。

例の「死のウィルス」が入った袋の争奪戦にしても、なぜかWHOの主人公の元恋人が一人奮闘していて、まわりには誰もいない。

見ていて違和感バリバリのありえない展開だった。

当然のことながら、ハラハラ・ドキドキなんかしない。

結局、たいした盛り上がりもなく終わってしまったように感じてしまった。

せっかく「彼が出る作品にはハズれがない」と言われているトム・ハンクス主演の映画だというのに、ちょっと残念だった。

ということで、評価は「C」にします。

ヒロインのフェリシティ・ジョーンズは、なかなかの美人で、これから伸びてきそうな感じの女優さんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
401位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR