映画評801 ~ ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

今回は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

映画161203

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。アメリカを舞台に魔法動物学者と仲間たちが巻き起こす旋風に興奮する。

主演は、エディ・レッドメイン
共演は、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル
その他、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ、コリン・ファレルなど


<ストーリー>
魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが


「ハリー・ポッター」シリーズのスピン・オフ映画である。

それが「売り」であり、今回も5部作になるらしい。

ネットでの評判も結構良かったのだけど、2時間半もあるというのが、ちょっとネックだったので、公開当初は見るかどうか迷った。

しかも、予告編で見る限りでは、どんな内容なのか、どういう展開になるのか、よくわからなかったし。

で、実際に見てみて・・・

ホントに何だかよくわからなかった。

予告編でもやっていた、「魔法動物が逃げ出した」という出来事は、実は本作のメイン・ストーリーとは関係がない。

たまたまニューヨークにある魔法動物を探しに行った主人公が、街の騒動に巻き込まれる
というだけである。

全体の中で、魔法動物たちが逃げ出した、ということは、ストーリーの主軸にまったく関わってこない。

ハリネズミみたいな魔法動物が、序盤に逃げまくって騒動を起こすのだけど、結局ストーリーに何の影響もない、というのはちょっとヒドいと思う。

しかも、例のカバンからは、簡単に逃げ出せる。

そんな簡単に逃げ出せるカバンを持っている時点で、「何だかなあ」だけど、そんな大事なカバンが、人間のカバンと入れ替わるなどという設定は、あまり面白い発想とは思えない。

だって、重さも違うだろうし、そもそも入れ替わったシーンも、どうして間違えたのかさっぱりわからなかった。

その後に出てくるカバの化け物みたいな魔法動物も、結局人間(ジェイコブ)とのドタバタを演出するためだけの登場だった。

しかも、主人公がそのカバの化け物を捕まえるために、変な踊りをするのだけど、見ていてイタいだけで、面白くもなんともない。

さらに、物語の核であるオブスキュラスというやつも、魔法動物かと思っていたけど、何のことはないただの「怨念」みたいなもので、魔法は関係ない感じだった。

しかも、その怨念と成り果てた青年は、救われるどころか、騙されたあげくにあっさりと殺されてしまい、後味の悪さが残る。

それを倒した悪役のグレイブスも、ラスボス感満載だったのに、ちょっとした油断(?)をつかれたのか、主人公たちにあっさりと捕まってしまう。

などなど、とにかく肩透かしの連続で、何をどうしたいのかがわからないまま、なぜか主人公とヒロインとの恋愛物語となって話は終わってしまう。

最後は、いいシーンだけど、それまでがヒドすぎるので、あまり感情移入できない。

ということで、初めからあまり期待はしていなかったけど、それにしてもよくわからないお話だったので、何ともいいようがなく、とりあえず評価は「C」にしておきます。


あと4作、この後どういう展開になるのかはわからないけど、今の時点では何も期待するものはありません。

特に、終盤にコリン・ファレルの顔が○ョニー・デッ○になった時には「はあ?」としか思えなかった。

もしかして、こいつを出しておけば、次回以降に期待する連中が続出するとでも思ったのか?

だとしたら、ずいぶんと安易な発想だと思う。

作者のJ.K.ローリングスは「ハリー・ポッター」で大儲けしたので、ちょっと調子にのっているしか思えない。

主人公のエディ・レッドメインは、存在感はあったと思う。

ただ、ストーリーがおかしかったせいで、何だか損をしている感じ。


あと、余談だけど・・・

あのブンブン飛んでいた青いハチみたいな魔法動物は、いったいどうなったの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
366位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR