2016年映画総括

2016年の映画総括

今年見た映画はちょうど50本と、まずまず。

途中までは、あまりいいペースではなかったが、「1か月間映画見放題」のパスポートをゲットしたのが大きかったので、後半一気に伸びた。


さて、今年見た映画の中の内訳は、洋画が25本、邦画が11本、アニメが14本。

そのうち、S評価だったのは4本、A評価が5本。

う~ん、ちょっと「S」が多かったか?

一方、D評価だったものは4本だけで、E評価はなかった。

今年もまた、最初から「これは面白くないかな?」と思えるような作品は、最初から見ていないわけだ。

ただ、逆に「最低!」と言われていた映画も、時には見たくなることもあるわけで、そういう意味では「デス・ノート」を見損ねたのは残念だった!?


まず、「面白かった」編。

今年S評価だったのは、以下の4本。

「君の名は」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-810.html

「聲の形」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-815.html

「亜人 最終章~衝戟~」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-822.html

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-830.html

何と3本がアニメだ。しかも日本製。

まず「君の名は」

8月に公開された映画だけど、今もどこかの映画館で上映されているという超ロングラン作品。
前評判が良かったのか、私の場合、公開初日の土曜日の朝一の回で見たのだけど、館内はほぼ一杯だった。
原作を知っている人には、いろいろと言いたいこともあったようだけど、久しぶりに青春時代を思い出した(?)という意味でも、感動した映画でした。


続いては「聲の形」

これまたアニメで、「君の名は」ほど話題にはなっていなかったと思うのだけど、なかなかいい作品でした。
「S」をつけるほどの作品か?という気もしましたが、予定調和ではないところが良かったと思うので、高評価にしました。


そして「亜人 最終章~衝戟~」

3部作の最終章だけど、その前の2作が良かったので、当然のことながら期待して見たのだけど、やはり面白かったです。
これまた「S」をつけるほどか?という気はしましたが、とてもよくできていたと思います。


最後は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

こちらは、まったく期待していなかった作品で、公開から少し経ってから見たのだけど、見て正解でした。
「もう、スター・ウォーズは作りすぎ」と思っていたのだけど、ここまで感動するとは思いませんでした。
2016年の最後を飾るのに相応しい作品だったと思います。


続いて、A評価だったのは、次の5本

「黄金のアディーレ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-779.html

「猫なんてよんでもこない」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-782.html

「ズートピア」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-792.html

「亜人 第二部~衝突~」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-796.html

「ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-816.html


これまた、アニメが2本入っているけど、後は邦画が1本、洋画が2本。


まずは「黄金のアディーレ」

特に大どんでん返しとか、劇的な展開があるわけではなく、むしろほのぼの系の映画だったけど、最後の回想シーンなども感動的だったので、ちょっと甘めに「A」をつけた作品。
でも、なかなか良かったです。


続いて「猫なんかよんでもこない」

自分でも意外だと思うほどの高評価をつけた作品。
ストーリー自体は平凡で、特にヒネりもないけど、全体的に違和感がなく、たぶん精神的にも落ち込んでいた時期だったので、そういう時にはいい映画かも知れません。


続いて、「ズートピア」

もはや鉄板のディズニーのアニメ。
とにかく各キャラクターの表情がいい。
今回は、珍しく吹替え版で見たのだけど、それでも面白かった(?)ということで、高評価をつけた作品。


次は「亜人 第二部~衝突~」

これも、第一部から面白かったので、最終的に「S」にしたくらいだから、当然のことながら第二部も面白かった。


最後は「ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

これは、自分でも「あら、そんなに面白かったっけ」と思ったくらいだけど、感想を見る限り、主演の女の子がかわいかったのが最大の要因かも知れない!?



続いて「面白くなかった」編。

最初に書いたように、今年は「D」評価のものは4本あった。

「シーズンズ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-781.html

「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-786.html

「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-793.html

「ルドルフとイッパイアッテナ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-807.html


まずは「シーズンズ」

私の好きな自然もののドキュメンタリー番組だけど、出てくる動物に珍しいものがほとんどなく、全体の描き方が「森の中の動物たちはみんな仲がいい」とかいうわけのわからないものだった上に、最後は「悪いのは人間」って、ムチャクチャ胸糞が悪い作品だった。


続いて「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」

これまた私の好きな推理ものだけど、推理そのものは平凡な上に、内容がムチャクチャだった。
期待していただけに、その落差が大きかったことも、もちろんある。


次は「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」

これも、いつも楽しみにしているシリーズだけど、今回はヒドかった。
その元凶は、脚本を担当した劇団ひとりであることは間違いない。
いつもは笑える随所に出てくるギャグも、今回はほとんど笑えず、ストーリー自体がつまらないものになってしまった罪は大きい。


最後は「ルドルフとイッパイアッテナ」

これは、もともと期待していた作品ではなかったが、それにしてもヒドかった。
漢字が読めるネコという設定もさることながら、とにかく登場人物(ネコ?)に感情移入できない。
あと、声優をやった井上真央の息づかいのシーンがウザかったのも気になった。


ということで、好きなジャンルあるいは期待していたシリーズが、予想に反してつまらなかった時、そのショックが大きいので、結果的に「D」にしたりすることはよくありますが、今年もそんな感じでした。。


以上、今年の映画総括でした。

来年も、今年並みに映画を見たいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
643位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR