映画評806 ~ ドクター・ストレンジ

今回は「ドクター・ストレンジ」

映画170129

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたヒーローアクション。事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医の姿を描き出す。『スポットライト 世紀のスクープ』などのレイチェル・マクアダムス、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンらが共演。たとえ敵であろうとも他者を傷つけることのできない外科医の行く末に注目。

主演は、ベネディクト・カンバーバッチ
共演は、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マグアダムス、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ
その他、ベンジャミン・ブラッド、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルソン、ティルダ・スウィントンなど


<ストーリー>
ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが・・・


これは、意外と面白かった。

マーベル・シリーズの主人公がまた一人増えたわけだけど、こんなヒーローがいることは、もちろん知らなかった。

どんなヒーローになるのかと思っていたら、描かれている世界が結構デカい。

冒頭の描き方もなかなか良かったと思うので、すぐに入っていけた。

何となく面白そうだったし・・・

一言で言うと、「マトリックス」と「インセプション」を混ぜ合わせた感じ?

「マトリックス」はほとんど関係ないかな?

主人公のストレンジは、天才的な頭脳は持っているが、この世界での実力はまだわからないにもかかわらず、あれよあれよという間に成長していって、最後は世界を救う、みたいな展開にはちょっとムリがあるのだけど、テンポがいいので、あまり違和感がない。

主人公が強いのか、ラスボスが弱いのかはわからないけど、最終戦では、壮絶なバトルはまったくない。

ただひたすらヒーローを殺し続けるという永遠の繰り返しの中で、ラスボスが根負けしてしまった、という変な結末だけど、まあ許せる範囲だろうか。

出演者も、それぞれ存在感があったと思う。

ベネディクト・カンバーバッジは、もはや貫録十分。

悪役のマッツ・ミケルソンも相変わらずの貫録だけど、今回はティルダ・スウィントンがなかなかいい感じだった。

ということで、評価はちょっと甘めに「A」にします。


映画の冒頭で「本編が終わった後に、特別映像があります」みたいな字幕が出てきたので、「何だよ、次回予告のためのショート映像か?」と思っていたら、何とあの人が出てきた。

さすがマーベル、と言いたいところだけど、そのうちアベンジャーズに出てくるんじゃないだろうな。

と言うか、これは間違いなく出てくる!

もし出たら・・・

たぶん、見ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
288位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR