映画評810 ~ トリプルX:再起動

今回は「トリプルX:再起動」

映画170225

型破りなシークレットエージェントの活躍を豪快に描き、ヒットを飛ばした『トリプルX』の続編。再びヴィン・ディーゼルを主演に迎え、息もつかせぬバトルが展開する。『イップ・マン』シリーズや『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのアクション俳優ドニー・イェン、名優サミュエル・L・ジャクソン、FCバルセロナ所属のサッカーブラジル代表のネイマールらが出演。華麗なアクションにホレボレする。

主演は、ヴィン・ディーゼル
共演は、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、クリス・ウー、ルビー・ローズ
その他、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレス、トニー・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、ハーマイオニー・コーフィールド、ロリー・マッキャン、アイス・キューブ、ネイマールなど


<ストーリー>
エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。


大好きなアクションものだけど、その中では今回主演のヴィン・ディーゼルはあまり好きな方ではない。

何せ、口の中でもごもご言っているので、セリフが聞き取りづらいからだ。

もちろん、英語で言っている内容がわかるわけではないけど、とにかく聞き取りにくい。

そんな彼が主演の「トリプルX」だけど、前作が何と12年前の作品だから、記録にも残っていないし、まったくと言っていいほど覚えていない。

そのせいかどうかはわからないけど、出てくる人物がみんな「オレもトリプルXだ」みたいな感じで、元仲間みたいな描き方をされているが、何が何だかよくわからない。

ストーリーもよくわからない。

冒頭に、ドニー・ウェン率いる軍団がNSA本部(?)を襲うので、ヴィン・ディーゼルのチーム対ドニー・ウェンのチームの戦いになるのかと思っていたが、途中から雰囲気がおかしくなって、最終的にはこの両チームは仲間となり、ヴィン・ディーゼルに指示を出していたNSAの女指揮官が、実は悪いヤツで、最後はごちゃごちゃの戦いになる。

とにかく「オレもトリプルXだ」と名乗る人だらけで、敵なのか味方なのかわからず、南の島でバトルは、面白いとか言う以前に、誰が誰と何をしているのか理解できないので、ぼ~っと見ているだけだった。

さらに、最後の壮絶(?)なバトルも、敵はものすごい部隊で結構な装備で攻めてきているのに対して、合体軍団は機関銃やビストルなど軽装備だ。

にもかかわらず、敵の武器の弾丸は、異常なほど当たらない。

あれだけ盛大に撃ちまくっているのに、だ。

で、それでも弾切れとなった合体軍団が絶体絶命のピンチになった時に、突如現れた元トリプルXが、数発ロケット砲をぶっ話すと、敵はあっという間に壊滅。

ここは、たぶん感動的な再会、ということなんだろうけど、それまでにすでに誰が出てきても、何があっても驚かなくなっていた私としては、ピクリともせず。

結局、何があったのかわからないままに物語は終わる。

いやあ、久々に唖然とした映画でした。

冒頭に出ていたサミュエル・L・ジャクソンなんて、すっかり忘れていたし、「そう言えば、ネイマールも出ていたなあ」と思い出したのは、最後に二人とも出てきたから。

結局、物語にはまったく関係がないみたいだし、何しに出てきたのかさっぱりわからない。

ホントなら「D」でもつけたいところだけど、女優陣で怪しい女ボスを演じていたハーマイオニー・コーフィールドが綺麗だったのと、味方でちょっとドジな女の子を演じていたニーナ・ドブレスがかわいかったので、評価は「C」にしておきます。

こりシリーズって、まだ続くんだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
236位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR