映画評812 ~ 劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―

今回は「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」

映画170304

高い人気を誇る川原礫の小説で、テレビアニメ化などメディアミックス展開も好調なシリーズを、川原自ら書き下ろしの新作ストーリーで映画化したアニメーション。AR(拡張現実)型情報端末オーグマーが普及した近未来で、専用ロールプレイングゲーム「オーディナル・スケール」に仕組まれた陰謀をめぐりキリトたちが戦う姿を描く。テレビシリーズでも監督を務めた伊藤智彦が本作も担当。世界観を継承しつつ新たに繰り広げられるストーリー、ガジェットなどに注目


<ストーリー>
デバイス「ナーヴギア」が、仮想現実の世界に無限の可能性をもたらしてから4年が経過。AR(拡張現実)型情報端末オーグマーが普及し、専用ARMMO RPG「オーディナル・スケール」が世間を席巻していた。アスナやキリトもゲームに参戦するが、オーディナル・スケールに異変が起こり始め・・・


かなり人気のあるアニメみたいで、先週公開された際には、いつもは空いている土曜日の朝一の回がすでに一杯で、見るのを断念した。

そして今日も、土曜日朝一の回だったけど、満席だった。

ほとんど若い男性だったけど・・・

しかし、もちろん原作は知らないし、もともと見るつもりもなかった(?)

だけど、嫁さんが見たいというので、「夫婦のうちどちらかが50歳なら、二人で2200円」特典を使っての観戦。

でも、ストーリーも知らない上に、「オーグマー」だの「ナーヴギア」だの、その他にも「AR」とか「VR」とか、出てくる単語にとにかくついていけない。

だから、何をやっているのかさっぱりわからない。

しかも、ガキにしか見えない主人公とヒロインが、何と婚約!?

違和感バリバリで、感情移入なんかとてもできませんでした。

確かに画は綺麗だった。

でも、それだけではさすがに楽しめません。

ということで、評価は「C」にしておきます。


エンドロールの後に、「次回予告」みたいな演出もあったけど・・・

たぶん、もう見ないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
288位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR