映画評815 ~ 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

今回は「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」

映画170325

人気コミックの続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」を基に、原作者・藤巻忠俊による新エピソードを追加して描かれたアニメ。誠凛高校バスケットボール部の黒子テツヤら強豪校の選手で結成されたドリームチーム「VORPAL SWORDS」が、アメリカのストリートバスケチームとの再試合に挑むさまが活写される。ボイスキャストにはテレビアニメ版の小野賢章や小野友樹のほか、アメリカチームの選手を緑川光と稲田徹が担当。監督を、シリーズを支えてきた多田俊介が務める。


<ストーリー>
誠凛高校バスケットボール部に入部した黒子テツヤと火神大我は、“影”と“光”の名コンビとして全国制覇を達成。そして高校2年の夏、来日したアメリカのストリートバスケットボールチームとの親善試合で日本チームは完敗してしまう。その様子を見ていた誠凛高校の相田リコ監督の父・景虎は、黒子や火神たちを集め、全国制覇を目指すライバルであった“キセキの世代”と共に「VORPAL SWORDS」を結成し、リベンジマッチに臨む


まったく見る予定のなかったアニメである。

ただただ嫁さんが「見たい」というので、一緒に見にいっただけのこと。

もちろん、原作は知らないし、今回登場する面々のことは何にも知らないから、誰がどんな人物なのかさっぱりわからず、当然のことながら誰にも感情移入はできない。

たまたま、アメリカのストリートバスケットボールチームである「JABBERWOCK」というのが、クソみたいな性格のヤツばかりなので、こいつらと戦うということに対して、何とか感情移入できる、みたいな感じだ。

タイトルにもある「黒子」とは、その登場人物の一人なんだけど、今回の劇場版では、とても主役には見えない。

と言うか、他にも登場する面々が、「紫原」「青峰」「緑」「赤司」「黄瀬」というように、名前に色を表わす文字が使われている、というのは、終わってから教えてもらって知ったくらいで、最初「アカシ」は「明石」だと思っていたし、「キセ」は「木瀬」だと思っていたのだけど、どいつもこいつも、アテレコの声が「主役級(?)」だったので、誰が主役になるのかわからなかった。

最初に出てきた「火神」が主役なのかと思っていたのだけど、もちろん名前に色なんかついていないので、こいつは主役ではない。

にもかかわらず、こいつがアメリカに武者修行に行くというのが映画の「オチ」みたいになていたので、余計に混乱する。

というように、何にも知らずに見たのだけど、もともとアニメはよく見るのに、こういう「スポーツ根性(青春?)」モノは、ほとんど見ない。

ファンタジーやSFアクションみたいに、「超能力」みたいなものを持っている登場人物が活躍するのなら、理屈抜きで楽しめるのだけど、さすがに現実にあるスポーツものだと、どうしても違和感を持ってしまう。

特にバスケットボールなどは、自分でも少し経験があるだけに、「そんなのゼッタイ無理だろう」みたいなプレーが出てくると、どうしても反発してしまう。

しかも、トータルで40分ほどの試合だ。

野球みたいに(9回が終わるまで)時間制限のないスポーツや、サッカーみたいに点数がそれほど入らないスポーツであれば、最後に大逆転という展開はありえるけど、バスケットボールは、時間が短い中で結構点は入るし、しかも意外と実力差がはっきりと出る。

それが、クオーター毎に展開ががらっと変わってしまうのだから、スポーツというよりは、SFアクションを見ているのと変わらない。

簡単に言うと、次のような展開だった。

第1Q:JABBERWOCK が普通にVORPAL SWORDSより強い。
第2Q:VORPAL SWORDSの一人(赤司)が覚醒⇒JABBERWOCKに肉薄
第3Q:JABBERWOCKのナッシュ・ゴールドが覚醒⇒VORPAL SWORDSとの差を広げる
第4Q:VORPAL SWORDSの全員が覚醒、奇跡の大逆転!

このように一気に展開が変わるが、この間はたった10分である。

とは言え、「どうやって逆転するの?」というハラハラ・ドキドキ感は少しあるので、見たいという気持ちは存在する。

しかし、残念ながらその気持ちも試合が終わった瞬間に萎えてしまう。

せっかく奇跡の大逆転をしたにもかかわらず、そのエピソードの部分はそこで終わってしまうからだ。

あれだけ試合前に、JABBERWOCKの面々から「お前らはサルだ」「サルに負けるわけがない」とか散々言われていたのだから、勝った後に「お前ら、サルに負けたんだから、サル以下だよな。もう一度躾けからやり直せよ!」程度のやり取りがあるのかと思っていたら、な~んもなし。

さすがに、負けたナッシュ・ゴールドが「お前らすげ~な」とか言い出すのも困るけど、せめて一言決め台詞がほしかった。

そうでないと、こちらが消化不良になってしまう。


そして、最後はなぜか火神の渡米のシーンで終わる。

原作を知っている人からすると、それぞれの登場人物について知っているので、VORPAL SWORDSが結成された時点でちょっと感動したみたいだけど、さすがに私の場合はそこまでついていけませんでした。

ということで、残念ながら評価は「C」にしておきます。

あくまでも個人の感想ですので。


でも、画はきれいでした。

ただ、終始気になったのは、登場人物たちの言葉遣い。

いくら高校生という設定だとしても、やたらと「・・・・っすよ」とか「・・・っすか?」とか言うのは、聞いていてイライラする。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
214位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR