映画評829 ~ パトリオット・デイ

今日は「パトリオット・デイ」を見てきました。

映画170618

2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグ、『COP CAR/コップ・カー』などのケヴィン・ベーコン、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが出演。事件当時の実際の映像も盛り込み、緊迫感をより際立たせている。

主演は、マーク・ウォールバーグ
共演は、ジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン
その他、ヴィンセント・カラトーラ、アレックス・ウォルス、テモ・メリキゼ、マイケル・ビーチ、ジェームズ・コルビー、レイチェル・ブロズナハンなど


<ストーリー>
2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび・・・


実際に起こった事件を題材にした映画で、ほぼ事実に基づいて作られているらしい。

街中での銃撃戦とか、ベンツ乗っ取りとかも、ホントにあったそうだけど、犯人については、ちょっと違う描き方をしているようだ。

いずれにしても、2013年の事件だから、そんなに経っていないのにもう映画化されているのには驚く。

何か事件が起こるたびに、映画化プロジェクトみたいなものが動き出しているんだろうか。

映画の最後に、実際に事件に関わった人たちのインタビュー・現況などが紹介されている。

主人公トミーもFBIの捜査官も実在するわけだけど、マーク・ウォールバーグやケヴィン・ベーコンみたいにカッコいいわけではない。

でも、そういう人たちのおかげで、あの悲惨な事故が一気に解決まで行ったのだと思うと感慨深いものがある。

フィクションではないので、地元警察とFBIの変な確執もなければ、バカなことを仕出かす女とかも出てこない。

もちろん、どんでん返しも。

逆に、それが臨場感というか、リアル感を醸し出していて、ハラハラ・ドキドキ感は思った以上にあった。

特に、最後の被害者たちの現在の姿は、ちょっとあざとい感じはするけど、さすがに感動してしまう!?

ただ、やたらと「愛」を強調する場面が多くて、ちょっと興ざめだったかも。

いちいち奥さんや恋人に電話をして「愛してるよ」なんてシーンは、私としてはいらない。

ということで、思ったより良かったので、評価は「B」にします。


余談だけど・・・

この事件では、街中に設置された監視カメラが事件解決に大きな役割を果たしている。

私としては、「何か起こった時に、事実解明に役立っている便利なシステム」と理解しているので、ほとんどの一般人にとっては気にならない存在なんだろうけど、「国民総監視社会だ」とか主張している民進党の連中やマスコミにとっては、厄介な代物なんだろうな、という気がする。

だって、「我々一般人が、実際にテロを計画したらテロ等準備罪が適用されるのはおかしい」とかヌカしているわけだから、普通に考えれば「もしかして、こいつらテロでも計画してるのか」ということになるからだ。

少なくとも、安倍政権打倒のためには、何をやってもいいと考えている連中だからね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
208位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR