映画評833 ~ 怪盗グルーのミニオン大脱走

今回は「怪盗グルーのミニオン大脱走」

映画170722

『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントによる人気シリーズ『怪盗グルー』の第3弾。アグネス、イディス、マーゴの姉妹と家族になったグルーが、突如として現れた怪盗バルタザール・ブラットによって思わぬ事態に直面する。監督を務めるのは、『ミニオンズ』でも組んだカイル・バルダとピエール・コフィン。スティーヴ・カレルが、前2作に引き続きグルーの声を務めている。笑いとスリルに満ちた騒動や、人気キャラクターのミニオンたちのかわいい姿に注目


<ストーリー>
いろいろなガジェットを使い犯罪を繰り返すバルタザール・ブラットを逃したことで、反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。意識消沈する中、生き別れになっていた双子の兄弟であるドルーの存在が判明する。対面を果たしたグルーは、豊かな金髪に輝く笑顔で父親からばく大な遺産を受け継いだ、自分とは違い過ぎるドルーに驚く。一方、グルーが悪の道に戻らないことがわかり彼と決別したミニオンたちは、新たなボスを探す中で思わぬ事態に・・・


ミニオンのかわいさ・面白さと、子供たち(特にアグネス)の可愛さだけでも、見ていて楽しい作品。

第一作「月泥棒」は「S」、第二作の「ミニオン危機一髪」は「A」と、それぞれ高評価をつけている。

だからこそ、ちょっとハードルが高くなりつつも、やはり期待してしまう。

今回は、幼い頃に生き別れとなった双子の兄弟・ドルーが登場するのだけど、結果的には、あまり出した意味がなかったと思う。

グルーのライバルになるのではなく、逆に一緒に悪事を働こうとするのだけど、これがまた中途半端で、役に立たないどころか、ただ足手まといになっているだけ。

わざわざ登場させたのに、たいした存在ではなかった。

また、今やグルーの妻であり、子供たちの母親役であるルーシーが、ちゃんとした母親になるべく奮闘するのだけど、物語の行方とほとんど関係がないので、子供たちの可愛さがうまく描き切れていない結果となっている。

そして、ここが一番肝心なところ。

グルーよりも人気のあるミニヨンたちが、今回ほとんど活躍しない。

グルーに反発して、家を出るのはいいのだけど、ドタバタした挙句に警察に捕まった上に、何だかんだで脱走するだけで、グルーの戦いには結果的に参加できていない。

これは大きなマイナスだと思う。

せっかく、今回の敵役ブラッドという面白いキャラクター(松山ケンイチが、結構頑張ってました!)がいたのに、そこに絡ませないなんて、いったい何を考えてるんだか。

せっかく、マイケル・ジャクソンやアハなど、80年台の懐かしい名曲が流れていたにもかかわらず、ちょっと残念。

ということで、今回は厳しく評価は「C」にします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
296位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR