映画評837 ~ ダンケルク

今回は「ダンケルク」です。
映画170909

第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる

主演は、フィオン・ホワイトヘッド
共演は、トム・グラン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード
その他、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、マーク・ライランス、キリアン・マーフィ、トム・ハーディなど


<ストーリー>
1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する


史実にもとづいたお話だそうだ。

最初見た時は、「ドイツ軍もあれだけ完璧に包囲しているのだから、本気になればイギリス・フランス連合軍の撤退を阻止できたんじゃないの?」と思っていた。

実際、撤退中の妨害はほとんどなく、たまに飛行機やUボートによる攻撃があるだけだったので、40万人中30数万人が撤退できたのだと思う。

しかし、史実を調べてみたら、ドイツ軍もそれほど余裕があったわけではなく、当時の空軍大臣のゲーリングの「あんなもの飛行機だけで十分」という大言壮語により、メッサーシュミットを中心に攻撃したものの、英空軍のスピットファイアの活躍により多くが撃墜され、結果的に大半の兵士が撤退できた、ということらしい。

だから、クレジット上は冒頭に出てきた青年兵のフィオン・ホワイトヘッドが主人公だけど、彼はただ逃げ回っているだけだ。

と言うか、一緒にいたフランス兵とともに、列に割り込んで船に乗り込もうとしたりするなど、少なくとも戦うということは一切していない。

本当の主人公は、スピットファイアに乗って、何機かメッサーシュミットを撃墜し、途中で燃料がなくなりそうになった時、帰還することをせず、そのまま目の前にいる爆撃機を撃墜することを選択したため、最後は燃料がなくなり、浜辺に不時着してドイツ兵に捕まってしまう飛行士(トム・ハーディ)である。

実際、一部映画紹介欄では、そのように紹介されている。

ただ、最後不時着した時に初めて顔がわかるが、戦闘中は顔がほとんどわからないので、主人公の立ち位置ではないと思うものの、やっぱり行動としては一番カッコいい。

さて、そんなこんなで、とにかく誰が主役かわからない展開なので、見ていて誰に感情移入していいかわからない。

しかも、本格的な戦闘はほとんどない。

部分的に撃ち合いが行われるだけなので、そういう意味ではハラハラ・ドキドキ感もあまりない。

ただただ淡々と話は流れていくので、こちらも淡々と見ているわけだけど、そんな中でのクライマックスは、連合軍を救出に行く民間船が集結するシーンとなる。

確かに待ちわびている兵士から歓声があがる瞬間だけど、これが意外にもしょぼい。

何せ、到着する船が少なすぎる。

あれで30万人も乗れるのか、というくらい少ない。

史実では、どんな船がどれだけ終結したのかはわからないけど、一番大事な場面で、あの程度のスケールでは、ちょっと物足りない。

とにかく全体的に「何だ?こりゃ」という内容ではないけれど、少なくとも感動するシーンはほとんどない。

ということで、評価は「C」にします。


役者さんで言うと、主人公の青年たちは、あまりしゃべらないので、存在感がどうのこうのという以前の問題ですが、違和感はありませんでした。

逆に、脇役である中佐役のケネス・ブラナー、民間船の船長役のマーク・ライランスなどは、出てきただけで貫禄が伝わり、存在感がありました。

「謎のイギリス兵」役のキリアン・マーフィは、割と名前の売れた役者なので、どういう行動を取るのかちょっと期待していましたが、たいしたことはありませんでした!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
355位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR