FC2ブログ

映画評844 ~ コドギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道

今回は「コードギアス 反逆のルルーシュI 興道」です。

映画171029

テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」全50話に新作カットを加えて再構成した劇場版。神聖ブリタニア帝国に占領された日本、通称“エリア11”を舞台に、国を追われたブリタニアの皇子が、レジスタンスとして戦う姿を描く。監督の谷口悟朗らシリーズを支えてきたスタッフが再び集結。ボイスキャストも福山潤をはじめとしたオリジナルメンバーがそろい、全編にわたって新たにアフレコを行った。


<ストーリー>
皇歴2017年。日本は神聖ブリタニア帝国によって支配され、地名はエリア11、日本人はイレヴンと呼ばれていた。人質だったブリタニア帝国の皇子ルルーシュは戦後正体を隠してエリア11で暮らしていたが、謎の少女C.C.と出会い、絶対遵守の力“ギアス”を手にする。力を得たルルーシュはブリタニアに復讐(ふくしゅう)するため、反逆者ゼロとしてレジスタンス・黒の騎士団を率い……。


これは、面白かった。

昨日見た「Fate」同様、原作は知らないのだけと、「Fate」と違って、内容がとてもわかりやすい上に、展開もなかなか迫力があった。

何よりも画がきれいだ。

コードギアスは、昨年まで全5部作で上映していた「亡国のアキト」が、それほど面白いというわけでもなかったので、見るかどうかちょっと躊躇した。

しかしこの2作は、世界観は同じだけどまったく違う物語らしい。

ネットでの評判も、「亡国のアキト」とこの「反逆のルルーシュ」では、まったく違っていた。

とにかくテンポがいい。

そして、登場人物それぞれに存在感がある。
これがいいと思う。

よくありがな、テレビ版の「あっちこっちをすっ飛ばして」というのではなく、うまく凝縮できているらしい。

もちろん、所々で設定が変わっている、ということだけど・・・

原作を知らないので、そのあたりはよくわからないけど、いずれにしても続編(全3部作だそうな)が楽しみなのは、「Fate」以上です。

ただ、良かった理由は「Fate」にも言えることだけど、ちゃんとした声優さんを使っていることだろうか。

芸人やタレントを使うのは、ホントやめてほしい。

中にはウマい人もいるけど、大半は下手クソ。

聞いていて情けなくなるくらいのヤツもいるので、本当にお客さんを呼びたいのであれば、ちゃんとした声優さんを使うべきだと思う。

芸人やタレントの声目当てで映画(特にアニメ)を見にいく人なんて、ほとんどいないと思うぞ。

作品の質を落とすだけなんだから、使う意味はほとんどないと思うのだけど・・・


いずれにしても、とても面白かったので、評価は「A」にします。

次回がとても楽しみになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR