FC2ブログ

映画評851 ~ スター・ウォーズ/最後のジェダイ

今回は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

映画171219

世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当し、前作に引き続きデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガやマーク・ハミルらが出演。レイがルーク・スカイウォーカーから知らされる真実や、ダース・ベイダーになろうとするカイロ・レン、レジスタンスたちの新ミッションなど見どころ満載

主演は、デイジー・リドリー
共演は、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック
その他、アンディ・サーキス、ルピタ・ニャンゴ、ドーナル・グリーソン、ローラ・ダーン、ベニチオ・デル・トロ、ワーウィック・デイヴィス、フランク・オズ、トム・ハーディなど


<ストーリー>
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)をついに探し出し、ライトセーバーを差し出したレイ(デイジー・リドリー)は、驚くべき真実を知ることになる。なぜ、ハン・ソロとレジスタンスを率いるレイア(キャリー・フィッシャー)の息子カイロ・レン(アダム・ドライバー)が、ダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? そして、レイアやストームトルーパーの脱走兵フィン(ジョン・ボイエガ)、パイロットのポー(オスカー・アイザック)、ドロイドのBB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは?


全シリーズで言えば、通算8作目となる。

すでにハン・ソロは死んでいるし、レイアも実際に演じていたキャリー・フィッシャーが亡くなったので、実質今回が最後だ。

そして、今作ではルークが死ぬ。

この後、いったいどう話を進めるつもりなんだろうか。

主人公はレイに替わり、この出自が実は気になっていたのだけど、今作でそれが明らかになる。

実はカイロ・レン(ベン・ソロ)と双子の兄妹なんじゃないかと思っていたが、まさかの全否定。

何だよ「酒欲しさに両親によって売られた身」って。

ということは、フォースって、誰にでも持てるのか?

予告編では、レイはルークが隠れている島で修行を積んだような描写になっていたが、実はたいした修行なんかしていない。

レイが勝手に習得したというのか、カイロ・レンと出会ったことで、身についたみたいな感じだった。

そのフォースも、これまでのスター・ウォーズシリーズのものと違って、ものすごい能力を発揮する。

あんな能力なんかあったっけ?

それも、レイアやヨーダまでが持っていた、みたいな形になっていて、艦船が爆破され全滅したはずなのに、なぜかレイアが宇宙遊泳をし始めたり、幽体のはずのヨーダが実際にカミナリを起こして建物を全焼させたり、とにかく「奇跡」が連続して起こる。

あと、今回のラスボスであるスノークは、シスのような強大な力と相手の行動や気持ちを読み取る能力を持ったものすごい存在かと思っていたら、あっさりとレンにやられてしまった。

あんなやり方で倒されるって、ダサすぎるだろう。

もっと存在感のあるラスボスだと思っていたのに、興ざめもいいところ。

あと、中盤に反乱軍側で出てきたローズとかいう女。

何で、あんなの出したの?

キャラクター的には、たいして重要じゃないと思っていたら、結構重要な役目な上に、見ていられないラブシーンまであるし、死んだと思ったのに実は生きている、とか存在意義がまったくわからないキャラだった。

ネットでも酷評の嵐だったけど、ああいうのがハリウッドでは「かわいい女性」として映るんだろうか。

アジア枠を使うのであれば、もっと綺麗どころがいただろうに・・・

次回作で、また活躍することがないように祈ってます!?

さらに、今作での唯一の大物俳優と言えるベニチオ・デル・トロが、逆に何か重要なキャラに違いないと思っていたのに、単なる裏切者だったのも驚いた。


展開にしても、今いち感が半端ない。

反乱軍は、今回逃げてばかりで、ほとんど攻撃していない。

序盤で、敵側である帝国軍(ファーストオーダー)のキャノン砲を破壊したのだけど、そり代わりに爆撃隊をすべて失っている。

後は、ただひたすら逃げているだけ。

何か情けなさすぎて、がっかりする一方、そのうちレイかあるいはルークが出てきて、敵を殲滅してしまうのか、と思っていたら、結局それもなし。

大半の仲間がやられてしまい、最後は逃げ場も失ってしまうのかと思えば、そこにレイが現れて、フォースの力で出口をふさいでいた岩をどけてしまう・・・

そんな力があるんかい!と思うとともに、いつの間にそんな力を手に入れたのかと思ってしまった。

だって、ルークはほとんど訓練なんかしていないし。

とにかく、何だかよくわからない。

3部作の2作目だから、次でいちおうの結末を見ることになると思うのだけど、カイロ・レンは倒したところで、たいした存在ではなさそうだし、レイの過去がわかったとしても、それだけで1作できるのか、という気がする。

ハン・ソロやレイア、ルークとはまったく関係がないとしたら、いったい誰の子なの?

まさかDJ(ベニチオ・デル・トロ)なのか?

だとしても、まったく伏線なんかなかったし。

とにかく、今作では何がしたかったのかわからないし、描き方も何だか雑。

相変わらず迫力はものすごいけど、攻撃しているのはほとんど帝国軍だし、反乱軍はひたすら逃げ回っているだけ。

帝国軍も目の前にいる反乱軍に手こずっている、というよりは意味もなく様子を見ているような感じ。

こんなのばかりだから、さすがにスター・ウォーズのファンからはものすごい批判を浴びているわけだけど、次作でどれだけ挽回してくれるのかちょっと心配だ。

ただ、ルークとレイアの再会にはちょっと感動した。

それがなかったら、壊滅的だったかも知れない?

ということで、次回作への期待だけを頼りに、今回の評価は「C」にしておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR