FC2ブログ

映画評854 ~ 嘘を愛する女

今回は「嘘を愛する女」

映画180120

第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したラブストーリー。昏睡(こんすい)状態に陥った恋人の名前や職業などが全てうそだと知った女性が、彼の正体を探ろうとするさまを描く。メガホンを取るのは、CMを中心に活躍し本作で長編映画デビューを飾る中江和仁。『散歩する侵略者』などの長澤まさみ、『blank13』などの高橋一生、テレビドラマ「東京センチメンタル」などの吉田鋼太郎らが共演している

主演は、長澤まさみ
共演は、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、野波麻帆、初音映莉子
その他、嶋田久作、奥貫薫、津嘉山正種、黒木瞳、吉田鋼太郎など


<ストーリー>
世話好きな研究医の恋人・小出桔平(高橋一生)と5年にわたって同居している食品メーカー勤務の川原由加利(長澤まさみ)。ある日、桔平がくも膜下出血で倒れて寝たきりになってしまう。さらに彼の運転免許証、医師免許証が偽造されたもので、名前も職業もうそだったことが判明。彼女は探偵の海原匠(吉田鋼太郎)と助手キム(DAIGO)に桔平の素性調査を依頼する。そして桔平が執筆中だった小説が見つかり、そこから瀬戸内のどこかに桔平の故郷があることを知る由加利だったが…


長澤まさみと高橋一生のダブル主演のような宣伝をしているが、実際は主演は長澤まさみであり、しいて言えば吉田鋼太郎とのダブル主演だ。

ネットでの評価が思った以上に低かったので、ちょっと心配していた。

いちおう謎解きというスタイルを取っているが、小出桔平が自分の過去の様子をそのまま小説にしているところが、ちょっとムリがある感じ。

瀬戸内海にある灯台をすべてチェックするって、そう簡単にはいかないと思うのだが。

それ以前に、桔平のパソコンのパスワードを解読するのに、何やらプログラムのようなものを使っていたが、あんなに簡単に解読できるものなのか?

そのあたりが、ちょっと安易だったような気がするけど・・・

いかにも桔平が元犯罪者のような描き方をしていて、実は・・・だった、という結果は、展開としてはいいと思う。

ただ、桔平の家族がどうして○○○○したのか、というところは、簡単に描き過ぎている感じで、またちょっと違和感があった。

あと、桔平に似ている人、という設定の男だけど、あんまり似ていない。

警察としては、とにかく情報があればすべて潰していくのはわかるけど、少なくとも、近所の人たちが間違うほど似ているとも思えないので、あの場面もちょっと肩透かしを食った感じ。

というような違和感は随所にあったけど、全体的にそれほど悪くなかった。


長澤まさみも、いい感じで大人になっていると思う。

今回の役柄には、あまり感情移入はできなかったけど・・・

DAIGOが、意外にも違和感がほとんどなかった。

以前「君が踊る、夏」に出演していた時は、先輩役だったけど、あまり似合っていなかったのに、今回はオタクっぽい感じで、なかなかの存在感だった。

川栄李奈は、ここのところいろいろと活躍しているようだけど、今回はちょっと知恵遅れっぽいウェイトレス役なので、かつて「めちゃイケ」の「バカ決定戦」で、見事に優勝しただけあって(?)よく似合っていた。

あと、黒木瞳は、謎めいた感じを出していたので、もしかして何か知っている人かと思っていたのに、あんな端役でいいの?


ただ、映画としては、それほど「感動した!」という結末でもなかったので、評価は難しいところ。

「Cかな?」という感じだったけど、最後の長澤まさみの熱演に☆一つプラスして、評価は「B」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR