FC2ブログ

映画評857 ~ SHOGO HAMADA ON THE ROAD2015-2016 旅するソングライター "Journey of a Songwriter

今回は「SHOGO HAMADA ON THE ROAD2015-2016 旅するソングライター "Journey of a Songwriter」です。

映画180218

1970年代から絶大な人気を保ち続けているシンガー・ソングライター、浜田省吾のライブドキュメンタリー。2015年のホールツアーON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter”とその翌年に行われたアリーナツアーON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter” since 1976の模様を映し出す。白熱したステージングと新たに加わった映像の融合が、新たな音楽空間を作り出す。


<内容>
1976年にアルバム「生まれたところを遠く離れて」でソロデビューし、「路地裏の少年」「風を感じて」「悲しみは雪のように」などのヒット曲、「J.BOY」「FATHER'S SON」をはじめとするアルバムを発表してきたシンガー・ソングライターの浜田省吾。彼は2015年にホールツアー、2016年にはおよそ25万人を動員することになるアリーナツアーを敢行する。立て続けに名曲や人気曲が披露される両ツアーのステージの模様が、イメージ映像と共に展開する。


これは良かった。

コンサートの映像をただひたすら流し続ける、という企画もので、所々昔の映像とかも流れるが、本人のMCなどは一切ない。

映画というよりは、完全な解説のないドキュメント番組だ。

とにかく、浜田省吾カッコええ~!という映画である。

80年代からファンになったものの、コンサートは見たことがなく、もともとテレビなどにはほとんど出ない人なので、歌っているのを見るのは、実は初めてだ。

もう60歳を超えているというのに、声はまったくと言っていいほど変わっていない。

ただ、初めの4~5曲は聞いたことがない最近の曲(?)だったので、最初は「失敗したか?」と思っていたのだけど、「ラストショー」あたりからテンションが上がってきた。

知らない曲でも、ほとんどの曲にハマショー・サウンドの片鱗が見えるので、とても聞きやすい。

全体的にメッセージ性の強い歌が多いけど、楽曲・アレンジがとてもいいので、聞いていて思わず感動してしまった。

とにかくあっという間の2時間でした。

コンサートを見にいっている人には、白髪の混じったおっさんが結構いたけど、映画館に来ていた人も、おじさん・おばさんが結構いました。

そして、映画終了後は、何人かが拍手してました。

ということで、久々に「もう一回見てみたい」という映画(映像)だったので、評価は久々ですが「S」にします。


これから、ハマショーのCDを買うことにしました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR