FC2ブログ

映画評863 ~ ヴァレリアン 千の惑星の救世主

今回は「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を見ました。

映画180330

数々の名作を手掛けてきたリュック・ベッソンが監督と脚本を務め、人気SFコミックを実写化。宇宙の平和を守るエージェントたちが、ある宇宙ステーションの裏でうごめく陰謀に立ち向かう。『ディーン、君がいた瞬間(とき)』などのデイン・デハーン、『スーサイド・スクワッド』などのカーラ・デルヴィーニュ、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが出演。銀河を股にかける冒険とそれを具現化した映像に期待。

主演は、デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ
共演は、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック
その他、クリス・ウー、サム・スプルエル、ジョン・グッドマン、ルトガー・ハゥアー


<ストーリー>
西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を目にする。だがその裏にはある秘密が存在し・・・


何だかよくわからなかった、というのが正直な感想。

アバターとスタートレックを足して「3」で割ったような感じ?

B級SFというのは別にいいのだけど、何をやっているのかよくわからない、というのはちょっとマイナスだろう。

いや、多種多様な種族というのはいいのだけど、大前提として、主人公ヴァレリアンとローレリーヌが連邦捜査官、という設定に入っていけない。

常に同僚であるローレリーヌに言い寄っている軽薄な主人公と、頭も良くてそれなりの武術も身に着けているのだろうけど、何となくガキっぽい同僚の女。

この二人が大活躍するのはいいけど、どう見ても連邦捜査官という大そうな役柄には見えない。

貫録のあるクライヴ・オーウェンが悪役なのもいいけど、何だかSF向きじゃないなあ、という感じだった。

ストーリー展開も、テンポはいいのだけど、とにかく何をやっているのかよくわからなかった。

映像も綺麗だけど、ちょっとケバすぎて、どちらかと言うと見にくかった。

あと、所々に出てくるギャグがあまり笑えない。

「18」と「81」を間違えるなんてボケでは、さすがに笑えない。

とは言え、まあSFですから、あまりイチャモンをつけてもしょうがないので。

ということで、評価は「C」にとどめておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR