FC2ブログ

映画評869 ~ アンロック/陰謀のコード

今日は「アンロック/陰謀のコード」を見ました。

映画180422

元CIAの女性取調官が、バイオテロから世界を救うために奔走するサスペンスアクション。陰謀に立ち向かう主人公に『ミレニアム』シリーズなどのノオミ・ラパスが扮するほか、オーランド・ブルーム、マイケル・ダグラス、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチらが共演する。『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』などのマイケル・アプテッドがメガホンを取った

主演は、ノオミ・ラパス
共演は、オーランド・ブルーム、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチ、マイケル・ダグラス
その他、マシュー・マーシュ、マクラム・フーリ、エイメン・ハムドゥーチ、ミヒャエル・エップ、トシン・コールなど


<ストーリー>
CIAで指折りの取調官だったアリス(ノオミ・ラパス)は、ある受刑者の尋問に失敗し多数の犠牲者を出したことで第一線を退き、現在はケースワーカーとして働いていた。ある日、彼女はバイオテロ計画の容疑者尋問のためCIAに呼び戻されるが、かつての同僚からの連絡でそれがわなだとわかり、内部に裏切り者がいることを知る。真相を明らかにし、テロを食い止めるため、彼女は立ち上がる。


「女版ジェイソン・ボーン」みたいなB級アクション映画です。

主演のノオミ・ラパスは、美人ではありませんが、なかなか存在感のある女優さんで、アクションも意外とやります。

ただ、役柄はボーンみたいな特殊訓練を受けた人間ではなく、CIAでも尋問官という役目なので、自身でトレーニングに励んでいるとは言え、結構ボコボコにされたりします。

そのあたりが、ちょっと不満と言えば不満ですが、それだけにハラハラ・ドキドキ感が結構あります。

内容的には、裏切りの連続で、誰を信用していいのかわからない状況が続きますが、特にたいした伏線もないので、誰が裏切者であっても不思議ではない展開ですが、まあそのあたりはB級アクション映画ですから、許容範囲でしょう。

ただ、敵方は結構ミスというか、ドジが多くて、「何でそんなミスをするの?」ということが随所にある上に、実はそんなに強くない、という連中ばかりです。

影の黒幕の元で働いていた暗殺者も、見た目は結構な切れ者(みたいな立ち位置)ですが、終盤でのバトルでは、主人公にあっさりと撃ち殺されたりしていて、ちょっとビックリでした。

変わり様に驚いたのはオーランド・ブルームで、かつて「ロード・オブ・ザ・リング」でのエルフ役で人気を博した面影はほとんどなく、その後も一時主役として出演した映画もたいしたことはなく、とうとうコソ泥役(?)にまで落ちぶれてしまったようです。

結構な役柄なはずなのに、ちょっとショボかったのは、やっぱり華がないんでしょうかね。

「スター・ウォーズ」のマーク・ハミルみたいなものでしょうかね。

いずれ「ロード・オブ・ザ・リング」の「その後」みたいな映画ができたら、「懐かしい顔」として出てくるのかな?

逆に存在感があったのは、ジョン・マルコヴィッチとエミリー・ノウルズでした。

最後に続編を思わせるようなシーンがあるので、まだまだ続くかも知れませんが、だったらその直前の悪党の一人を殺害するシーンはなしにして、次回まで引っ張ってもよかったような気がします。

ということで、そこそこ楽しめたので、評価は「B」にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR