FC2ブログ

映画評875 ~ コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道

今日は「コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道」

映画180527

テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」全50話を、劇場版のために新作カットを加えて再構成した3部作の最終章。神聖ブリタニア帝国に立ち向かう、黒の騎士団の戦いのクライマックスが描かれる。監督の谷口悟朗をはじめ、シリーズのオリジナルスタッフが集結。福山潤、櫻井孝宏、ゆかならオリジナルの声優陣が全編にわたって新規でアフレコをしている。


<ストーリー>
世界最大の国家・神聖ブリタニア帝国と黒の騎士団が激突する中、ルルーシュ=仮面の男ゼロは計算外の事態に戸惑う。一方、第2皇子のシュナイゼルが黒の騎士団に接触し、ゼロの秘密を扇や藤堂らに明かす。戦乱は激化の一途をたどり・・・


3部作の最終章である。

第1作が面白くて、第2作で「ん?」となっていたので、最終章はさすがに期待半分・不安半分だった。

そして、途中までは、あちこち敵味方が入れ替わったりして、誰が誰と戦っていて、しかもどちらが「正義」なのかよくわからず、ただただ呆然と見ていた。

ただ、最終的にルルーシュが皇帝となり、全世界を支配化に入れて終わり・・・などと言う展開を受け入れるわけもなく、「何かあるな」とは思っていたけど、ああいう展開になるとはね。

原作を知っている人には、いろいろと不満やら安心感があるようだけど、知らない人間にとっては、とにかく展開に違和感がないか、ということだけ。

そういう意味で言うと、よくわからない面は結構あったけど、全体としては特に違和感はなかった。

わかりにくかったのは、バトルをしている時と、学生として出てくる時の雰囲気がまったく違うこと。

なので、途中で「ん?こいつは誰だ?」と思うシーンもしばしば。

ただ、まだ続きがあるらしい。

しかも「復活!」だって。

まさか、ルルーシュが生き返る?

と思っていたら、原作を知っている人にも楽しみらしい。

ということで、とりあえずの3部作はなかなか面白かったです。

最終評価としては「B」にします。

何せ、人間関係があまり頭に入っていなかったので、そこが難点でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR