FC2ブログ

映画評877 ~ アメリカン・アサシン

今回は「アメリカン・アサシン」を見ました。

映画180630

『メイズ・ランナー』シリーズなどのディラン・オブライエンが、ヴィンス・フリンのベストセラー小説シリーズの主人公を演じるスパイアクション。無差別テロで恋人を亡くした青年が、報復のためにCIAのエージェントとなって核兵器テロに立ち向かう姿を、多彩なアクションを交えて活写する。共演は、マイケル・キートン、テイラー・キッチュら。メガホンを取ったのは、ドラマシリーズ「HOMELAND」などのマイケル・クエスタ。

主演は、ディラン・オブライエン
共演は、マイケル・キートン、サナ・レイサン、シーヴァ・ネガー
その他、デヴィッド・スーシェ、ナヴイド・ネガーバン、スコット・アドキンス、テイラー・キッチュなど


<ストーリー>
テロで恋人が亡くなり、テロリストへの復讐を決意したミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)は、CIAに潜在能力を買われ、スカウトされる。ミッチが元ネイビー・シールズの鬼教官スタン・ハーリー(マイケル・キートン)のもとで訓練を積む中、ロシアからプルトニウムが流出する。CIAは核兵器によるテロをたくらむテロリストの思惑を砕くため、世界を舞台にしたミッションをミッチに課し・・・


映画館での予告編でもほとんど見た記憶がないくらい、あまり宣伝していなかった映画だけど、好きなアクション映画でもあり、なかなか面白かった。

R15指定なので、どれだけ残酷にシーンが出てくるのかと思っていたけど、結構ドきつかった。

上司の言うこともきかず、ただただ復讐に燃える主人公だけど、冒頭のシーンは結構辛辣だった割りには、それほど屈強な感じもしないので、見ていてあまり感情移入ができなかった。

アクションも今いちな感じだった。

「アサシン」というタイトルがつくぐらいだから、街中や建物の中で暗殺ゲームみたいな展開になるのかと思っていたが、最後には何と・・・

核爆弾が爆発するのである。

いくら何でも、そこまでやる必要はないと思ったのだけど、だからと言ってスケールがデカいという展開でもなく、内容的にはその昔(80年台だったか?)アメリカのテレビドラマで「クライム・ストーリー」という番組があったのだけど、それと同じような感じ。

途中まで「この先、いったいどうなるんだろう」とドキドキしていたら、最後は核爆発!っていうのは、意外性という意味では度肝を抜かれるけど、ちょっと奇想天外すぎる。

とは言え、アクション映画は大好きだし、誰もかれもが皆助かる、という「ありえない」展開でもなかったし、この先続編が出てきたら、もちろん見ます。

ということで、評価はちょっと甘めに「B」にしておきます。


主演のディラン・オブライエンは、最近「メイズ・ランナー」などに出ている期待(?)の若手俳優だろうけど、途中からテイラー・キッチュとの区別があまりつかなかった。

存在感はまだまだ、というところだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR