FC2ブログ

映画評882 ~ 検察側の罪人

今回は「検察側の罪人」を見ました。

映画180827

『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの原作で知られる雫井脩介のミステリー小説を、木村拓哉と二宮和也の初共演で映画化。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事と彼に心酔する新米検事がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合うさまが映し出される。『突入せよ!「あさま山荘」事件』などの原田眞人監督が、正義の意味を問うドラマを骨太に描き出す。木村と二宮の演技対決に注目

主演は、木村拓哉、二宮和也
共演は、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾巧真
その他、大場泰正、谷田歩、矢島健一、キムラ緑子、山崎紘菜、松重豊、山崎努など


<ストーリー>
東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め・・・


キムタク対ニノという超豪華(?)対決となっている。

結論から言うは、どっちもどっち、というところだろうか。

キムタクは、いつも通りのキムタクで、前にも書いたかと思うが、別にヘタとは思わないが、すべてが一方調子である。

しかも、まわりが異常に気を使っているせいか、意味不明な状況やシーンが結構多い。

キムタク演じる最上検事の家族は、なんであんなに変なの?

世間体云々とかは関係なく、あまりにも不自然に親娘なのは、キムタクを引き立たせるため?

あと、ピチピチのウェアを着てマウンテンバイクに乗って座禅に行くシーンって、何のために出てきたの?

あの胡散臭い住職(?)が、何か意味のある人かと思ったら、二度と出てこないし。

とにかく、キムタクを目立たせるためなら、まわりをどんな人間で囲むことも厭わない、みたいな姿勢はやめてほしい。

「宇宙戦艦ヤマト」しかり、声優をやった「ハウルの動く城」しかり。

一方のニノは、と言えば、キムタクよりは感情豊かではあるが、特にキレる(絶叫する)ところなどは、「いつものニノ」だそうだ。

怒る・キレる演技って、もしかしたら一番簡単な演技かも知れない・・・!?


さて、内容である。

原作があるそうだ。

それを読んだ人によると、原作とはかなりかけ離れているらしい。

もちろん、原作通りに映画化する必要はないと思う。

監督が自らの考えでもって、作品をある程度アレンジするのもありだと思う。

ただ、それによって物語そのものが「はあ?」というものになってはいかんだろう、と思うわけだ。

この作品で言うと、「検察側の罪人」の意味するところは、正義を標榜する先輩検事の最上が、殺人事件の被疑者を殺してしまって、自らが罪人になってしまうことである。

しかしこの映画では、最上自身は捕まることがなく、逆に最上の知人の女性を殺した憎っくき犯人である松倉が殺されてしまう。

しかも、憎っくき犯人を殺したのは最上ではなく、最上が殺したのは、別の殺人事件の容疑者だ。

逆じゃないの?

だいたい、その前のやり取りで、最上はヤクザである諏訪部からのアプローチに対し「オレは殺しの依頼はしない」みたいなことを言っていた。

実はあの後殺人を依頼した、ということなの?

そんな流れにはなっていないし、少なくとも二人の人間の殺害に現役検事がヤクザとつるんで絡んでいる、なんてどう考えても無事では済まないだろう。

しかも、実際に目撃者(橘事務次官)もいるのに、何でそこをスルーするんだろう。

それもこれも、キムタクに対する忖度のため?

映画の筋としておかしいだろう。

結局のところ、最上自身が罪に問われるという描写はない。

しかも、「この先どうなるの?」という終わり方ではなく、むしろ正義を主張しようとした後輩検事である沖野が、殺されるんではないか、という感じのラストシーンだった。

キムタク検事だからそうしたの?とも思えるようなラストである。

あと、準主役の位置にある橘事務次官は、あんな役どころでいいの?

裁判を扱う仕事に就く人間を採用するのに、履歴などまったく調べてないの?

少なくとも、行動が安易すぎて、何がなんだかよくわからない。

さらに、沖野検事との色恋沙汰(?)って、唐突すぎてついていけない。

何で急にあんなシーンを入れたんだろう。

ニノと吉高って、あんまりその手のシーン向きではないと思うのだけど。

それ以外にも、意味のわからないシーンが結構あった。

何のためなのか、まったく理解のできないダンスのシーンが何度か出てくる。

あれは何を表わしたいの?

ただ、邪魔をしているとしか思えない。

インパール作戦のエピソードも、原作にはあるのかも知れないが、本作ではまったくつながりがないので不要だと思う。

しかし、一番意味不明で、不要の最たるものだと思ったのは、自殺した丹野代議士(最上の同級生)の葬式に出てきた「泣き屋」

あれは何の意味があるの?

ここはチョーセンではないのだから、厳粛なる日本の葬式を汚してほしくない。

というか、あんなシーンをわざわざ入れるのは、とても監督の意思とは思えないので、もしかしてどこからか圧力がかかったのか?としか思えないようなくだらないシーンだった。


ということで、内容自体は「何だかなあ」の一言で「C」にするところなんだけど、最後の「泣き屋」でブチ切れたので、評価は「D」にします。

チャイナ資本が入っている映画が、いろいろと大変なのは同情できるけど、たとえこの映画にチョーセンの資本が入っていたとしても、このシーンは許せない!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
271位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR