映画評91 ~ セブン・ソード (05.10.1)

今回は「セブン・ソード」

主演は、レオン・ライ
共演は、ドニー・イエン、チャーリー・ヤン、スン・ホーレイ、ルー・イー、キム・ソヨン、ラウ・カーリョン
その他、チャン・チンチュウ、ダンカン・チョウ、タイ・リーユーなど


<ストーリー>
1600年代の中国、清明の王を倒すべく、傳青主を始め、楚昭南、楊曇ら武術の達人たちが集結した


中国の清の時代を描いたアクション映画だ。

主演は誰だかよくわからない。
出ている役者さんも、見たことがあるような、ないような人ばかりで、名前のわかる人は一人もいなかった。

ストーリーは、明から清に変わった直後のまだ混乱した時代という設定で、清に反抗する勢力を抹殺しようとする風火連城とかいう賞金稼ぎ軍団に対して、そこから村を守ろうとする7人の剣士が立ち向かうというもの。

さすがは、4000年もの虐殺と暗殺の歴史を持つ中国だけあって、スケールがデカい。
いったい何人の人たちが殺されたのかもわからないくらい、無茶苦茶たくさんの人たちが死ぬ。

途中のアクションも、どっちが味方でどっちが悪党なのかもわからないくらい、入り乱れていた。
中国映画得意のワイヤー・アクションも、もはや慣れてしまったので、あり得ない動きの一つや二つ何のことはない。

最初は、「7つの聖剣」みたいなものを山の奥深くまで探しに行って、苦労したあげくにやっと探し当て、それを武器に悪人どもをやっつける、という話だと思っていた。
ところが、剣は簡単に手に入り、しかもそれを持つと、ただの素人だと思っていた女性までが強くなってしまう。
何だかあっけなかった。

途中、裏切り者が出たり、7剣士の一人が捕まったりと、いろいろと工夫はしているのだが、如何せん2時間半は長すぎる。

中国映画のアクションは、流れが途切れないので、特に退屈することもなかったが、たいしたクライマックスもなかった。
「まっ、こんなもんか」という感じ。

ということで、評価は「C」としました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
266位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR