FC2ブログ

映画評912 ~ バンブルビー

今回は「バンブルビー」です。

映画190324jpg

SFアクション『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター、バンブルビーにスポットを当てたスピンオフ。バンブルビーと傷心の少女が出会い、交流を深める。メガホンを取るのは『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などのトラヴィス・ナイト。『トゥルー・グリット』などのヘイリー・スタインフェルド、プロレスラーでもあるジョン・シナらが出演する。知られざるバンブルビーの過去が明かされる

主演は、ヘイリー・スタインフェルド
共演は、ジョン・シナ、ホルヘ・レンデボルグJr、ジョン・オーティス
その他、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、スティーヴン・シュナイダー、リカルド・オヨス、グリン・ターマー、アンジェラ・バセット、ジャスティン・セローなど


<ストーリー>
1987年。18歳の少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は居場所がなく、孤独な毎日を過ごしていた。ある日彼女は、海沿いにある小さな廃品置き場で1台の黄色いボロボロの車を見つける。彼女は、この車をバンブルビーと名付けて直そうとするが、それは普通の車ではなかった


あの「トランスフォーマー」のスピンオフ映画ということで、バンブルビーたちが地球に来た理由、バンブルビーだけが口をきけない理由などが明らかになる。

と言っても、バンブルビーが口がきけないなんて、今初めて知ったし。

まあ、本シリーズも、すでに5本作られているのだけど、そのうち4本見ている。

1作目で「わけがわからない」と思い、2作目「リベンジ」で「やっぱりわけがわからない。もう二度と見ない」と書いてあったのに、そんなことも忘れて3作目「ダークサイド・ムーン」・4作目「ロストエイジ」も見ていたわけだ。

しかも、毎回毎回「わけがわからない」と書いてある。

何がなんだかわからないまま見ているのだけど、今回は「もう慣れてきた」という感じだろうか。

なぜわざわざ動きにくい「人間型」をしているのか、どうして地球人の言葉を話すのか、などなどいちいち気にしていたら、物語に入っていけない。

・・・ということに、ようやく気が付いたわけだけど、それでも、その都度車に変身したり、戦闘機やヘリコプターに変身したりするのはまだしも、その機能までマネできるという能力は理解できない。

しかも、そんな姿になれるというのに、戦う時はわざわざ本来(?)の姿である人間型に戻って殴り合い、なんていうのも、理解できない。

つまり、彼らを単なる宇宙人として見なければ、物語についていけないのである。

ただ、今回は主人公の女の子がかわいかったので、割と感情移入ができたし、最後まで飽きずに見ることができた。

ネットでの評判が、意外と高かったので、いったいどこが良かったのだろうと思って見てみたら、ほとんどの人が「バンブルビーがかわいい」と書いてあった。

何なんだろう、この「わけのわからない」感想は。

これが地球を守るような強いロボット(機械型生命体)になるとはとても思えないのだけど、そういう意味でも、この映画は本来の筋とはあまり関係ない、ただのスピンオフ映画として見た方がいいと思う。

スターウォーズでいうところの「ローグワン」みたいなものを想像していたら、がっかりしていた・・・ような気がする。

随所に出てくるギャグというか、笑わせどころも、割とハズしているのがイタいし。

ただ、監督がマイケル・ベイから変わった今回は、バトルの場面は、これまでの作品と比べたら、割りとわかりやすかったと思う。

ということで、評価は難しいけど、いちおう「C」にしておきます。

80年代のアメリカンロックが流れているのは良かったかな。


主人公を演じたヘイリー・スタインフェルドが、とても魅力的でした。

「かわいい」というのもありますが、芯のあるしっかりした女の子を演じていたその姿は、結構存在感がありました。

あと、軍人役のジョン・シナも良かったです。

この人、現役のプロレスラーなんだとか。

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)と同じですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
242位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR