FC2ブログ

映画評916 ~ キングダム

本日2本目は「キングダム」

映画190420-2jpg

原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を映す。メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズなどの橋本環奈をはじめ、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが共演を果たした

主演は、山崎健人、吉沢亮
共演は、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかお
その他、阿部進之介、深水元基、六平直政、一之瀬ワタル、高嶋政宏、要潤、宇梶剛士、加藤雅也など

<ストーリー>
紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる


これは面白かった。

原作があることは知っていたが、内容はまったく知らない。

とは言え、昔のシナを題材にしたスペクタクル映画だから、面白くないわけがない!?

ただ、ここの登場人物で言えば、結構ツッコみどころがある。

一番浮いていた、というかいろんな場面をぶち壊していたのが主演の山崎健人演じる信。

シリアスな場面の真剣なやり取りの途中で、いきなり会話に入ってくるのだけど、これがまたウザくてウザくて、完全に雰囲気をぶち壊していた。

「何でだよ!」とか「ふざけんなよ」とか、いちいちツッコんでくるけど、邪魔以外の何ものでもなかった。

それと、冒頭の奴隷の頃のシーンで、夕闇を背に剣の練習をする姿は、本来であれば、実に印象的なシーンになるはずなのに、殺陣が下手なのか、見ていてちょっとダサかった。

ただ、これが主人公なんだからしょうがない。

こんなウザい主人公でも、内容が面白いので、最後まで飽きることなく見ることができた。

それと、山の民(?)の王を演じていた長澤まさみだけど、存在感はあったが、アクションシーンは・・・・

ヒドかった!

見ていて、こっちが恥ずかしくなるくらいだったけど、どうして長澤まさみが抜擢されたんでしょうね。

あと、橋本環奈は、存在自身が意味不明でした。

原作では、おそらく重要な役どころなんでしょうが、殺陣をやらないのであれば、どうして終盤の敵陣営に突入する重要な場面に出てきたんでしょうか。

ただオタオタしているだけで、何の役にも立っていない。

せめて殺陣をやらせるべきでしょう。

その他結構なキャストが出ているが、みんな(?)頑張っていたと思います。

TKO(大沢たかお)が存在感のある役どころでしたが、今回は顔見せだけ、みたいな登場でしたので、次回作もあるんでしょうかね。

要潤が、意外とシブかったです。

ということで、キャストのことばかり書きましたが、内容は言うことなし。

今回の評価は「B」にします。

今後にも期待ができますので、続編が出れば、もちろん見ます。

主題歌であるONE OK ROCKの「Wasted Nights」は絶品でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
242位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR