FC2ブログ

映画評922 ~ 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

今日は「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を見てきました。

映画190625jpg

鴨志田一の小説シリーズを原作にしたアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の続編。謎めいた女性に振り回される男子高校生を映し出す。監督の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』などの増井壮一、ボイスキャストの石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのりらアニメ版の面々が続投している。


<ストーリー>
藤沢で暮らしている高校2年生の梓川咲太は、先輩で恋人の桜島麻衣と楽しく過ごしていた。ある日、咲太の前に現れた初恋の相手・牧之原翔子の中に、中学生と大人の彼女の二人が存在していることが判明する。咲太は、なぜか翔子と共同生活を送ることになり、それが原因で麻衣との関係もうまくいかなくなってしまう。そして咲太は、中学生の翔子が重い病気を患っていることを知る


聞いたこともないタイトルだし、そもそもタイトルの意味もよくわからないのだけど、ネットでの評判が異常に高かった、というよりは、映画館が土日はほぼ満員だったので、どれだけ面白い作品なのか気になったので、見ることにした。

ただ、冒頭のシーンでのやり取りは、何だかくだらない少女マンガを見ているみたいで、「もしかして失敗したか?」と思えるほどだった。

何よりも、作画がヒドい、というか、特に鼻の描写が下手クソで、きちんと描けない分、影で凹凸を表わそうとしているせいか、顔に変なシミがあるみたいで、ちょっと見ていられなかった。

ところが、見ているうちに、ただの恋愛映画ではないと気づき、人間関係の複雑さいうのではなく、現在と過去・未来が絡み合う、という不思議な内容に次第に興味が沸いてきた。

登場人物のうち、メインの3人である梓川咲太と桜島麻衣・牧之原翔子は、この内2人が生き残るためには、残りの1人が死ぬという運命で繋がれている。

ここに「思春期症候群」とかいう、症候群なのに、別の人格が現実に現れる、というまたわけのわからない設定が出てきて、余計にややこしくなっている。

ここらへんは、途中まで見ていてよくわからなかったのだけど、見ていくうちに、だんだんとわかってくる。

ただ、未来から来た人物と現在の人物が直接対面したり、現在の人間が過去に戻って過去を変えたりと、意外と展開が安易な感じはした。

通常の設定であれば、現在と過去(あるいは未来)の自分は、決して顔を合わせないようするのが原則だったような気はするが、これを簡単に変えてしまうと、展開がわけがわからなくなる、というリスクが発生するのだけど・・・

あと、登場人物にあまり感情移入ができない、というのも少しあった。

主人公の梓川咲太は、まだ高校2年生で、1つ年上である桜島麻衣と付き合っているのだけど、この桜島麻衣というのが、現役の高校生なのに有名女優、という「はあ?」と言う設定になっている。

この二人が同棲とまではいかなくても、麻衣が咲太の部屋に堂々と通っているのには違和感があったのだけど、さらにこの咲太というのが、エヴァンゲリオンの碇シンジみたいな優柔不断な男に見えて、見ていてイライラする。

*後で調べてみたら、実は桜島麻衣も思春期症候群で、過去からふらっと現在に現れて、そこでたまたま出会ったのが梓川咲太だった、という展開があるらしいのだけど、そんなのはどこにも説明がないので、原作初見の者にとっては、ちょっとツラい内容だ。

しかし、一番の問題は・・・

登場人物の区別がほとんどつかないこと!

特に、女性は区別がつきにくい。

高校生とガキとの違いさえわかりにくいくらいで、主人公が今出会ったのは桜島麻衣なのか、牧之原翔子なのか、はたまた主人公の同級生で同じクラブ(?)の女の子なのか、次の会話が出てこない限りわからないほど。

主人公の同級生である男の子でさえ、登場してきた時に、「あれ?こいつは主人公か?」と思ったほど。

これだけ登場人物がお互いに似ていたのでは、感情移入もくそもない。

原作を知っている人、こういう展開が無条件で好きな人には面白かったのかも知れません。

特に、最後の場面は「感動した!」という人が多かったようですが、状況があまり理解できず、残念ながら私にはあまり楽しめませんでした。

ということで、評価は「C」にします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
217位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR