映画評95 ~ キャプテン・ウルフ (05.10.29)

今回は「キャプテン・ウルフ」

eiga051029.jpg


主演は、ヴィン・ディーゼル
共演は、ローレン・グレアム、フェイス・フォード、ブリタニー・スノウ、マックス・シテリオット
その他、クリス・ポッター、キャロル・ケイン、ブラッド・ギャレット、モーガン・ヨークなど

<ストーリー>
アメリカ海軍特殊部隊のエリート軍人キャプテン・ウルフにある日新しい任務が下される。それは、5人の子供たちのベビーシッターだった。

ヴィン・ディーゼル主演のアクション・コメディーだ。

と思っていたら、ほとんどアクションがなかったので、これはただのコメディー?

ストーリーは、米海軍の特殊部隊に所属する主人公が、誘拐された科学者の救出に失敗したが、その子供たちを守るという任務につくこととなり、やんちゃな子供たちと過ごすうちに、最後は・・・という、ハッピーなお話。

いきなりアクションシーンが出てくるのだが、あまりにアホみたいな救出劇だったので、後のことがものすごく不安になった。

しかし、科学者の家にハウス・キーパーとして住み込むこととなった後は、お決まりの展開とは言え、だんだんハマってしまった。

家族は、あの名作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を念頭においているらしいのだが、最初は反抗していた子供たちも、次第にこの主人公になついてくる。
そして最後は、窮地に陥った主人公を子供たちが救う、というもの。

「インディー・ジョーンズ」ばりのシーンもあった。
全体的にな~んのヒネりもないストーリーだが、あまり期待していなかったせいか、結構面白かった。

しいて言えば、子供たちのしつけ役をやるのはいいとしても、ミュージカルの指導までやるのは、ちとやりすぎのような気がする。

とは言え、思ったより良かったということで、評価は「B」とした。

ところで・・・

ヴィン・ディーゼルは、今一番期待されているアクション・スターだ。

ただ、これまでの役柄が、何とも中途半端だった。
「トラブルX」では、元ワルのカリスマみたいな設定だったが、どう見たってワルには見えなかった。
「リディック」にしても、「宇宙最凶」というキャッチフレーズだったが、どこが凶悪なのかさっぱりわからなかった。

要するに、「一見ワルだが、実はいいヤツ」というキャラクターを無理やり作り出そうとしていて、本人のイメージとちょっと違うので、そこが中途半端だったのだと思う。

また、アクション・スターがコメディーに挑戦するのも、また難しいそうだ。
アーノルド・シュワルツネッガーは「ツインズ」など、一応成功しているが、シルベスター・スタローンは失敗している。
しかし、ヴィン・ディーゼルは、今回について言えば成功と言えるのではないだろうか。
ただ私としては、もっとバリバリのヒーローとして突っ走った方がいいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
283位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR