FC2ブログ

映画評927 ~ 劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」

今日は「劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』」を見てきました。

映画190815jpg

尾田栄一郎の原作による人気アニメ「ONE PIECE ワンピース」の放送20周年を記念した劇場版。世界中の海賊たちが集う祭典を舞台に、宝をめぐって火花を散らすモンキー・D・ルフィら麦わらの一味やさまざまな海賊が描かれる。ルフィ役の田中真弓をはじめ、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江らおなじみの声優たちに加え、ゲスト声優としてユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太が参加した


<ストーリー>
海賊の海賊による海賊のための世界一の祭典・海賊万博に招待された麦わらの一味は、万博の目玉「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で世界中から集まった海賊たちとお宝争奪戦に奔走する。その熱狂の裏で、海軍が海賊を一網打尽にするため潜入捜査を開始。さらに元ロジャー海賊団の“鬼”の跡目ことダグラス・バレットが、ルフィたちの前に立ちはだかる


このシリーズも、全部見ているわけではなく、たまたま見た「ONE PIECE Film STRONG WORLD」がなかなか良かったので、時々見ている。

感動の源泉は「仲間を大切にする」であるが、普段ボケ~っとしているルフィも、ひとたび仲間がボコボコにされると、ウルトラマンさながらの大変身(?)をして、強大な敵であっても、最後はやり返す。

これを受け入れないと、このシリーズにはついていけない。

しかし、前回見た「ONE PIECE FILM GOLD」あたりから、何だかムチャクチャ加減に拍車をかけている感じがしているので、そろそろ卒業(?)しようかと思っているところだ。

そして、今回も・・・

メチャクチャなのは健在でした!?

とにかく何がなんだかよくわからない。

いろいろと調べてみると、これまでに出てきたキャラクターが勢揃い、みたいな感じだったようだけど、どれも似たような顔をしているので、あまり区別がつかない。

特に女性の造形はほとんど同じだから、名乗ってもらわないと誰が誰だかわからない。

とにかく、登場人物のてんこ盛りで、逆にルフィのいつもの仲間たちの活躍があまりなかったので、余計にわけがわからなかった。

とにかく全員で強大な敵に向かい、寄ってたかってやっつけるのだけど、最後はルフィが締めるとは言え、全体的にまとまりがない感じはした。

特に前半はよくわからなかったので、最後の予定調和なオチにも、ちょっと感動し損なった、というところだろうか。

ということで、今回の評価は「C」にしておきます。

ホントに、もう卒業しようと思っています。


さて、このシリーズでは、いつもタレント・芸能人を声優として使っているのだけど、所々で違和感がある。

今回は、ユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太である。

山里はすぐにわかったが、いつもMCやバックの声などを担当していて、とても上手いと思っているので、違和感はまったくなかった。

あと、ユースケと指原は、エンドロールでようやくわかったのだけど、全体的にハイテンションでしゃべっているので、特に違和感はなかったが、そういう意味では誰でもいい感じ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
219位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR