FC2ブログ

映画評929 ~ ロケットマン

今日は「ロケットマン」を見てきました。

映画190824jpg

「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などで知られるミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記ドラマ。主演は『キングスマン』シリーズなどのタロン・エガートン、共演に『リヴァプール、最後の恋』などのジェイミー・ベル、『ジュラシック・ワールド』シリーズなどのブライス・ダラス・ハワードらが名を連ねる。『キック・アス』などのマシュー・ヴォーン監督とエルトン・ジョン自身が製作を務め、『サンシャイン/歌声が響く街』などのデクスター・フレッチャーがメガホンを取った

主演は、タロン・エガートン
共演は、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデンなど


<ストーリー>
少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エガートン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる


私の好きなアーチストの一人であるエルトン・ジョンの半生を描いたものである。

内容は、昨年公開された「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな映画を想像していたが、ちょっと違った。

結論から言うと、アーチストとしては、クイーンよりもエルトン・ジョンの方が好きだけど、映画としては「ボヘミアン・ラプソディ」の方が良かった。

まず、全体的にミュージカル調になっていて、エルトン・ジョン役のタロン・エガートンだけが歌うのではなく、子供だけでなく、お父さんやお婆さんまで歌い出す。

これに違和感があって、あまりいい感じではない。

初期の名曲である「土曜の夜は僕の生きがい」や「ビッチ・イズ・バック」などが出てきても、何だか乗っていけない。

せっかく、タロン・エガートンがエルトン・ジョンに似せてウマく歌っていたのに、ちょっと残念だった。

デュエットしたキキ・ディー役の女優さんの歌が下手だったのも、ちょっと残念。

あと、「PG12」指定になっていたので、何でだろうとは思っていたけど、あそこまで「ホモ(ゲイ)」であることを赤裸々に描く必要があったのだろうか。

確かに、エルトン・ジョンは衣装がド派手なだけでなく、生き方も破天荒で、もちろんホモであることは知っていたが、わざわざラブシーンまで描くことはない、と思うのだけど・・・

ただ、「ボヘミアン・ラプソディ」が、フレディ・マーキュリー亡き後ということで、残ったブライアン・メイやロジャー・テーラーが、自分たちが作った曲ばかり使用するなど好き勝手に(?)やっていたのとは違い、エルトン・ジョン自身が監修を務めているだけに、彼がそれを望んだのかも知れない。

それにしても、エルトン・ジョンが、あそこまで天才的なアーチストだということは知らなかった。

一度聞いただけで、それをピアノで正確に弾くことができるとか、盟友であるバーニー・トーピンの作った詞に対して、もらった後ものの数十分~数時間で曲に仕上げてしまう、とかいうのには驚いた。

あと、デビューし名声を博した後に、アルコール依存症になったり、薬物使用によって情緒不安定になったり、とにかく私生活が荒れていたけど、ようやくそれを克服し、今も元気でいる、というエンドロールの映像にはちょっと感動した。

とは言え、全体的にはちょっと不満だったので、評価は「C」にします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
219位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR