FC2ブログ

映画評931 ~ ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 -永遠と自動手記人形-

今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 ~永遠と自動手記人形~」を見てきました。

映画190914jpg

2018年に放送され人気を博したアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の外伝。名門女学園を舞台に、貴族の娘が教育係として現れた元少女兵と奇妙な絆を育む。監督を務めるのはアニメ版のシリーズ演出を務め、『響け!ユーフォニアム』シリーズなどに携ってきた藤田春香。ボイスキャストに石川由依、寿美菜子、悠木碧、子安武人、内山昂輝、遠藤綾らがそろう


<ストーリー>
白椿が咲き乱れ、良家の娘のみが通学を許される名門女学園に通う大貴族ヨーク家の跡取り娘イザベラ・ヨークは、父親と交わしたある契約が原因で学園生活が苦痛でしかなかった。あるとき、彼女の専属教育係として元少女兵ヴァイオレット・エヴァーガーデンが学園に派遣される。彼女はC.H郵便社で、代筆を通して人の心に触れることができる自動手記人形といわれる代筆業に就いていた。


これは、なかなか良かった。

テレビシリーズは、もちろん見たことがなく、あらすじを読んでもよくからない内容。

ただ、先週公開されてから連日映画館に人が結構入っている、という状況を見て、ちょっと期待していた。

架空の戦争を元にしているので、もっとSF的な展開を予想していたが、まったくそんなことはなく、どちらかと言うと、シリアスな内容というか、いい話だ。

「外伝」ということなので、実際にはこの前にいろいろとエピソードがあるわけだけど、この部分だけみても、なかなかよくできていると思う。

主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンは、実は元兵士なんだけど、この外伝だけ見たのでは、その様子は窺えない。

そして、妹と称するテイラーとの別れと、その後のやり取りは、説明的なものはほとんどないが、それでも「言わなくてもわかる」ような描写となっていて、90分という短い上映時間ながら、うまくまとまっていたと思う。

最後、二人がすぐ近くにいながら、出会うことがないという展開も、「君の名は。」に似たところがあって、いい感じでした。

聞けば、あの「京都アニメーション」の作品なんだとか。

画がとても綺麗で、主人公もとても魅力的でした。

知らずに見たわけだけど、いい仕事するなあ、と思いました。

本編も11月に公開されるようです。

ということで、期待も込めて、評価は「A」にします。


声優陣は、いわゆるタレントが一人もいなくて、とても良かったです!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
142位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR