FC2ブログ

映画評934 ~ ジェミニマン

今日は「ジェミニマン」を見ました。

映画191026jpg

『スーサイド・スクワッド』『アラジン』などのウィル・スミス主演によるSFアクション。若いころの自身のクローンに命を狙われる暗殺者が、陰謀に巻き込まれる。メガホンを取るのは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などのアン・リー。『10 クローバーフィールド・レーン』などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが共演。

主演:ウィル・スミス
共演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライヴ・オーウェン、ベネディクト・ウォンなど


<ストーリー>
腕利きのスナイパーとして、その名をとどろかせるヘンリー(ウィル・スミス)は、政府からのミッションに臨むが、正体不明の人物から襲撃を受ける。自分の動きや考えを見越しているだけでなく、バイクを使った武術を繰り出す襲撃者にヘンリーは苦戦を強いられる。やがてヘンリーは襲撃者を追い詰め、襲撃者の正体が若いころの自身のクローンだと知る。


現在のウィル・スミス対昔の(子供時代の?)ウィル・スミスの闘いである。

当然のことながら、クローンを扱っているわけだけど、前半は若いウィル・スミスが圧倒的に強くて、後半になって、どうやってオチをつけるのだろうかと思っていた。

ところが、中盤あたりから、急に現在のウィル・スミスが強くなり、素手でのバトルでも、かなり若いウィル・スミスを圧倒していた。

普通は、若い方がバトルを積み重ねるうちにだんだん強くなるか、あるいは年寄りの方が、経験を元に攻め方を変えて若いのを倒すか、という流れだと思うのだけど、そうなる以前に、急に強くなるものだから、ちょっと変な感じだ。

少なくとも、その前フリとかなかったはずだし、最初はどう見ても若い方が強かった。

さらに終盤、仲良くなった(?)若いのと年寄りとが、黒幕を相手にバトルを展開するのだけど、ここにまた突然「3人目」が現れる。

これは「2人目」よりもさらに強力で、すばやい動きから攻撃能力から着ている特殊スーツまで、数段上の兵器だった。

いくら何でも、これはやり過ぎだろう。

何だってここで「3人目」を登場させたのか理解できない。

もしちゃんとした理由があるとしたら、それは「ほかにもクローンはたくさんいる」という前提以外にはあり得ない。

ところが、最後に明かされたことだけど、「3人目」以外には「もういない」ということらしい。

そんなに簡単に言われても、あそこまで強烈なクローンが出てきたら、「これはきっと、ものすごいことが行われているに違いない」と思ってもおかしくないのに、「いいえ、これだけですよ」と言われても、がっかりするだけだろう。

こんないいかげんな展開だから、せっかく面白そうな内容なのに、ちょっと興ざめしてしまう。

そして、ついでに言うと、その「3人目」をあっさりと始末した後、なぜか黒幕であるラスボスが、丸腰で登場する。

「えっ?何のために出てきたの」と思っていたら、何のことはない、あっさりと始末されてやんの。

「いやいや、アンタ何しに出てきたの」という、非常に不可解な展開でした。

しかも、これですべて終わりだって。

どうせなら、続編を作るつもりで、もう少し余韻を残すような終わり方をしてもいいかと思ったけど、この回で終わりとするなら、もう少し壮絶なバトルで締めても良かったのではないかと思う。

ということで、それほど期待していたわけではないけど、それにしてもちょっと興ざめだったので、評価は「C」にします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
212位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR