FC2ブログ

映画評938 ~ THE INFORMER/三秒間の死角

今回は「THE INFORMER/三秒間の死角」を見ました。

映画191130jpg

アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレムの小説を原作にしたクライムサスペンス。FBIの情報提供者となった囚人に危機が待ち受ける。メガホンを取るのは、俳優としても活動している『エスコバル 楽園の掟』などのアンドレア・ディ・ステファノ。『ロボコップ』などのジョエル・キナマン、『プライベート・ウォー』などのロザムンド・パイクをはじめ、コモン、アナ・デ・アルマス、クライヴ・オーウェンらが出演する

主演:ジョエル・キナマン
共演:ロザムンド・パイク、コモン、アナ・デ・アルマス、クライヴ・オーウェン


<ストーリー>
自由と引き換えにFBIの情報提供者になった模範囚のピート(ジョエル・キナマン)は、最後の仕事として麻薬組織に潜入し、そこのリーダーから刑務所内の麻薬取引を管理するよう命じられる。彼は自身や家族に危険が迫ると感じて組織から抜けたいとFBIに申し出るが、捜査を取り仕切るモンゴメリー(クライヴ・オーウェン)はそれを許さず、逆に仮釈放の取り消しをちらつかせる。ピートはやむを得ず刑務所に戻って捜査を続けるが、その動きをニューヨーク市警がマークしていた。


いつも行く映画館では予告編がなかったのだけど、なかなかの俳優陣だし、面白そうだったので見にいくことにした。

結論から言うと、思ったよりハラハラ・ドキドキ感はなかったけど、そこそこ楽しめた。

主な登場人物は、上に挙げた5人の他に「将軍」と呼ばれる悪人とその手下が少し出てくるだけで、複雑な人物関係はない。

最初は、主人公の周りで次々と血生臭い抗争が行われ、主人公にも刺客たちが次々に襲い掛かる・・・という展開を予想していたのだけど、そのへんは少し期待外れだった!?

とは言え、テンポもまずまずで、展開に違和感もほとんどなかったので、そこは良かったかな。

ただ、副題にもなっている「三秒間の死角」というのは、よくわかりませんでした。

もしかして、クライマックスで、ガスボンベが撃ち抜かれてから爆発するまでの時間のことを言っているのかな?

だとしても、そんな説明も暗示もなかったし、そんなハラハラする場面でもなかったし。

ということで、評価は「B」にします。


主人公よりも、ニューヨーク市警役のコモンの方が存在感があったし、FBIの女捜査官を演じたロザムンド・パイクもなかなか良かったです。

クライヴ・オーウェンは、最近は悪役の方が多い感じだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
217位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR