FC2ブログ

2019年映画総括

2019年の映画総括

今年見た映画は43本でした。

今年は、途中でヒザを痛めたこともあって、あまり見たという印象がなかったけど、一応そこそこの本数は見ていることになります。


さて、今年見た映画の中の内訳は、洋画が24本、邦画が19本、うちアニメが14本。

今年は、S評価の映画はなく、A評価が6本でした。

一方、D評価だったものは2本だけで、E評価はありませんでした。

内訳としては、昨年とほぼ一緒です。

B評価が18本もあったということは、今年は結構面白かったということでしょうか。



まず、「面白かった」編。

今年「A」評価だった作品は、以下の6本。

「刀剣乱舞」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-932.html

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-937.html

「アニータ:バトルエンジェル」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-940.html

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 ~永遠と自動手記人形~」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-964.html

「アナと雪の女王2」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-969.html

「ラスト・クリスマス」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-972.html


まず「刀剣乱舞」

役者さんは、信長を演じた山本耕史と秀吉を演じた八嶋智人以外は、知らないあんちゃんばかりだったけど、主演の鈴木拡樹は、いい男の上に声も渋くて、結構ハマっていました。

調べてみたら、元仮面ライダーだったようです。

テーマは「本能寺の変で自害した信長を助けようとする歴史修正主義者を排除して、信長を史実通りに抹殺する」というもので、荒唐無稽なのは仕方がないとしても、なかなかうまくまとめていて、意外とハラハラ・ドキドキもしました。


続いては「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」

「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ3部作の2作目だが、1作目が面白くなかったので、あまり期待はしていなかったものの、そのおかげで(?)結構楽しめました。


続いて「アニータ:バトルエンジェル」

日本のアニメをジェームズ・キャメロンが実写化したもので、なかなか面白かったです。

とは言え、まだまだ物語は序盤みたいなので、この先の期待を込めて「A」にしました。


そして「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 ~永遠と自動手記人形~」

あの「京都アニメーション」の作品だそうですが、なかなかいい仕事をしてます。

あくまでも「外伝」ということですので、これまた来年公開される予定の本編への期待を込めて「A」にしました。


次は「アナと雪の女王」

あの名作の続編ですが、前作が主題歌だけで「S」をつけたので、今回はあまり期待はしていませんでしたし、今回の主題歌は、評判ほどいいとは思いませんでしたが、内容的にはなかなか良かったと思います。


最後は「ラスト・クリスマス」

時期的にも、この季節でないと面白くないだろうな、という内容でしたが、意外と奥が深かったので、高い評価をつけました。

時々こういう「ほのぼの系」に「A」をつけることがあります。


今年の「A」作品は、「いやあ、これは良かった」というものは意外となく、あまり期待していなかったのに、思ったよりは面白かったとか、次回作がとても気になるので、期待を込めて「A」にしたものばかりでした。

とは言え、楽しめたことは間違いないので、これでいいと思います。


続いて「面白くなかった」編。

最初に書いたように、今年は「D」評価のものは2本だけでした。


まずは「ドラゴンクエスト ユアストーリー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-958.html

あの名作「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」を映画にしたものですが、親子3代にわたる壮大なストーリーをわずか2時間の映画にまとめられるわけがないので、ハナから期待はしていませんでした。

しかし、それでもなお「何じゃ?これは」という展開のオンパレードだったので、とにかく失望と落胆と怒り(?)でどうにもなりませんでした。

中でも、あのラストは許せないと思います。

監督はあの山崎貴ですが、邦画の実写版を撮るのならともかく、もう二度とアニメを映画化してほしくないです。


そして「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-973.html

42年にも及ぶ超大作「スター・ウォーズ」の完結編ですが、はっきり言って「エピソード7~9」は作らない方が良かったと思います。


「エピソード7」と「エピソード8」を見た時点で、まったく期待はしてなくて、ただただ「レイって、いったい何者?」ということを知りたいがために見たのですが、さすがにあの結末はないと思います。

これで、まだ続編の噂があるようですが、二度とこの名作を蹂躙するようなことはしてほしくありません。

今年の「D」作品は、いずれも一つの映画として見れば、それほどヒドいとは思いませんが、原作に対する思いや、過去の作品へのオマージュを持って見た時に、「どうして、こんな風にしてしまったのか」という思いしかしなかったので、あえて「D」にしました。

なので、今年はそんなにヒドい映画はなかった、ということになりそうです。


以上、今年の映画総括でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
192位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR