FC2ブログ

映画評942 ~ ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (テレビ版)

今回は、テレビ放映の「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」です。

映画200111jpg

ロビン・ウィリアムズらが出演した『ジュマンジ』に続く物語が展開するアドベンチャー。学校の地下室で見つけた奇妙なビデオゲームの世界に入り込んでしまった高校生たちの運命を描く。監督はドラマシリーズ「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」などに携わってきたジェイク・カスダン。『カリフォルニア・ダウン』などのドウェイン・ジョンソン、『スクール・オブ・ロック』などのジャック・ブラックらが顔をそろえる。

主演:ドウェイン・ジョンソン
共演:ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス
その他:ボビー・カナヴェイル、リス・ダービー、アレックス・ウルフ、マディソン・アイズマン、マーク・エヴァン・ジャクソンなど


<ストーリー>
高校の地下室で居残りを命じられた4人の少年少女は、そこでジュマンジという古いビデオゲームを見つける。プレイしようとキャラクターをチョイスした瞬間、彼らは選んだ人物に変身し、ゲーム内の世界であるジャングルへと移動してしまう。現実とは全く違うキャラクターになった彼らは、カバ、ジャガー、ゾウ、サイの群れなど、次から次へ野生動物と遭遇。危険にさらされながら、何とかゲームをクリアして現実世界に戻ろうとするが・・・


今年は映画に集中しようと思い、その一環として、現在上映中の「ジュマンジ ネクスト・ステージ」を見ようかどうか迷っていたので、昨日テレビで放送していた前作である「ウェルカム・トゥ・ジャングル」を見ることにしたわけだ。

で、結論から言うと・・・

今作は見ないことにした。

まず、このシリーズは見たことがないな、と思っていたのだけど、実は前作が第2作で、現在上映中なのは第3作。

つまり、あまり進展していないわけだ。

第1作は、確かボードゲームで、止まったマス目に書いてあることが現実に起こる、という内容だったので、何となく面白くなさそうで見なかった。

しかし、第2作からは最初からアクション型のロールプレイングゲーム風となっているようなので、ちょっと気になっていたわけだ。

ところが、何だか中に入っていけない。

ロールプレイングゲームにしては、展開が早すぎて、主人公たちに訪れる危機がたいしたことなく、あっという間にゴールまで行きついてしまった、という感じだった。

それと、変身後のキャラクターたちは、それなりにいい(カレン・ギランはかわいいし!)のだけど、もともとの主人公はさえないオタクで、その相手となるヒロインも地味~な女の子なので、最後の場面の出会いも、まったく心に響かない。

あと、ゲーム内のキャラクターたちも、元の高校生の性格を引きずりすぎているので、何となく違和感がある。

それに、全体的にコメディタッチなんだけど、所々のギャグが今いち笑えない。

公開当時流行っていたのだろうが、「チョベリグ」の連発は、さすがに聞いていてイラっとした。

そんなこんなで、あっという間にミッションをクリアして、ハッピーエンドになるかと思っていたら、最後の最後で主人公が、ヒロインに向かって「この世界に残ろう」と言い出す。

ゲームの中のキャラクターがカッコいいマッチョマンとかわいくて強い女の子、ということで。このままがいいと思ってしまう・・・はずがない、と思えたので、ここは違和感があった。

余計なシーンだったと思う。

ということで、たいした盛り上がりもなく、あっという間に解決してしまったので、ワクワク・ドキドキ感が乏しく、最新作をあえて見たい、とは思わなかったので、評価としては「C」にしておきます。

ただ、「ネクスト・ステージ」がテレビで放送されたら、もしかしたら見るかも?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

はぶて虫

Author:はぶて虫
はぶて日記(映画版)へようこそ!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
133位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR